LGS壁の特徴は何か


このカテゴリで取り上げるLGS壁について説明をする際に、まずは「そもそもLGSって何か」を前回は考えてみました。

LGSというのは石膏ボードを張る為の下地で、薄くて軽い鉄で出来ている、というような話を写真付きで書いてみました。

これで何となくでも良いので、LGSというのがどのような材料なのか、どのように使われるのかがイメージ出来たでしょうか。

図面を描くことを仕事にしてしまうと、作図する対象を自分の目で見る機会があまりなくなる場合があります。

図面を描くのは結構時間と集中力を必要とする作業なので、なかなか現物を見に行く時間が取れないんです。

しかし、気の利いた図面を描くためには、やはり自分が今描いているのはどんなモノなのかを知っておく方が良い。

これは間違いのない事実ですから、出来るだけ自分が作図する対象は、自分の目で見て手で触れてみることをオススメします。

これは当たり前の話ですが、自分で見たこともなくて、どんな特徴を持っているのかを知らないモノを上手く表現することは難しいです。

頭の中でイメージが出来ていれば、それを図面としてまとめる為に必要な時間も短くて済みます。

など、色々な効果があるので、まずは「現物を見ること」が重要ではないか、と私は思っています。

今回は、出来るだけ知識を増やしておきたいという目的があるので、LGS壁の特徴をいくつか紹介していきます。


■LGSのメリット

まずはLGS壁が持っているメリットですが、最も使われるだけあって色々なメリットが存在します。

・コンクリートに比べて壁厚が薄く済む

・コンクリートに比べて軽量である

・乾式工法である為施工が早い

・壁の強度も充分にある

・様々な性能のLGS壁が用意されている

壁厚が薄くて軽量であることと、様々な性能を持つLGS壁がある、というあたりが強力なメリットだと言えます。

コンクリート壁と比較して、という表現が多くなってしまいましたが……

一般的な壁というと、大抵の人がRC下地かLGS下地を想像するはずなので、比較されるのはやむを得ないでしょう。

 

■LGSのデメリット

次にLGS壁のデメリットですが、まあこれも「コンクリート下地壁に比べて」という話になります。

・壁の強度では劣る

・鉄なので湿気の多いところに弱い

・高さ制限がある

コンクリートの壁に比べて強度が劣るのは当然で、これをデメリットと呼んで良いのか微妙なところですが……

錆びにくいとは言っても、やはり鉄であることに違いはないので、積極的に水分のある部分で採用は避けたいところ。

そしてこれは後で詳しく解説しますが、LGSはその幅によって建てることが可能な寸法が決まっています。

GL工法ほど制限はきつくないですけど、5mを超えるような壁の場合には、大きな補強が必要になるという欠点があります。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ