建築業界に危機感を持つことで


前回は「株式投資ブログ」についての話が大半を占めてしまい、建築の納まりとは全然関係ない話になってしまいました。

まあこのカテゴリにある記事なので、基本的には建築の納まり図とはあまり関係ない話にはなるんですけど……

それにしても話が脱線しすぎなので、株式投資についての話は前回で終わりにしておこうと思います。

ただ、これは建築関係の仕事だけの話ではありませんが、特に建築業界は先行きが不透明な部分があります。

まあこれはかなり昔から言われている事です。

それでも今現在、私がプロとして食べていけているので、まあ問題はないのだとは思いますが。

もちろん建物を建てるという仕事がなくなる事はない、というのは頭では理解出来ているつもりです。

でも、人口がこれから減るかも知れないという時代にあって、新しい建物をバンバン建てるのが正解なのか、正直私には分かりません。

ビジネスというのはお客さんのニーズに沿った商品やサービスを提供することで、はじめて成り立つもの。

「建物を建てたい」というニーズが減っていく中で、それがビジネスとして成長していくのかどうか。

これが心配なんですよね。


■危機感を持つ

ゼネコンが工事全体を請け負って、下請け業者に仕事を流すやり方にも、いつか限界が来るんじゃないか。

建築業界に関わっている私は、常にそうした危機感と焦りににた気持ちを持って仕事をしています。

このままだとゼネコンはお金の計算しか出来なくなるんじゃないか、という気がして、それが危機感を感じさせるんです。

まあ私がそうした先行きを心配しても、具体的に私がどうこうするような話はひとつもありません。

そうした心配するだけ無駄なことは分かっているので、まずは個人的な対応をするしかないんですよね。

会社から貰う給料だけに頼らないで、もっと全然違う部分から収入の柱を作っていくこと。

これも個人個人で考えておくことをお勧めします。

まあそう簡単には今の体制が変わる訳ではないので、そんな心配は杞憂に終わるかも知れませんが……

それだったらそれで良いので、万が一の準備だけはしておきたいものです。

 

■リスクヘッジは色々

私の場合はそれが株式投資であり、まあ他にも色々である訳ですけど、これは人によってそれぞれ違います。

それでも、給料がなくなるとか低くなるなどした時に、生活が傾いてしまわないようなリスクヘッジは必要だと思います。

その手段をどうするかは人によって違いますが、対応しておいた方が良いのは共通で言えることです。

だからと言って「ぜひとも株式投資をしましょう」と無責任にお勧めするつもりは全くありませんが。

これが難しいところですね。

株式投資はそれなりのリスクを負う事だし、他のことで収入を得ようとする事にも時間的なリスクがあります。

一概に「皆でこれをやりましょう」というのがないので、自分で色々と考えていくしかありません。

自分が好きでやることじゃないと続くはずはないので、それぞれ自分にあったやり方で収入を作っていく。

もしくは、会社に全てをかける。

そこには色々な選択肢があると思うので、毎日を何となく過ごすのではなく、自分に合ったやり方で色々と動いてみることをお勧めします。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ