床-タイル

  
  1. 床タイルの一般的納まり

    コンクリートスラブのレベル検討

    床タイルの納まりを検討する際に、下地との関係などについて考えておくべきポイントにはどのようなものがあるのか。そんな話を前回は取り上げてきて、具体的には以下のような項目を検討していくことになる、という話をしてきました。・下地コンクリートスラブのレベル・製品によるサイズの違い(厚さ・大きさ)・シート貼りの有無について・目地…

  2. エントランスホールのタイル例

    床タイル納まりのポイント

    床仕上材としてタイルがどのような特徴を持っているのか、そして実際にどのような場所でタイルは採用されるのか。このあたりの話を前回は考えてみました。焼き方などによっていくつかの種類に分かれているタイルですが、床仕上材として選定されるのは釉薬を付けない種類がどうしても多くなります。釉薬を付けて焼くと表面が平滑になって艶が出て…

  3. タイルのカタログ表示例

    床タイルの特徴を考える

    前回はタイルという床仕上材がどのような材質で構成されているのか、そして大まかなタイルの分類についての考え方を紹介しました。ただ、タイルの大まかな種類について説明をしていく中で、結局は「その分類を意識することはあまりないです」みたいな変な話になってしまいました。説明の組み立てが下手で分かりにくい状態になってしまい申し訳あ…

  4. タイルのイメージ

    タイルの大きな分類と実用性

    今回のカテゴリで取り上げようと考えている床仕上材は「タイル」です。前回のカテゴリで紹介したフローリングと同様、床仕上材としてはかなり有名というか、実際に目にする機会が多い床仕上材ではないかと思います。日常的に建物を利用する際に、床仕上材にタイルを採用しているかどうか、タイルではなく石を採用しているかも知れないとか。こう…

スポンサードリンク




おすすめ記事

  1. 建物内に必要な配管はたくさんある
  2. 無垢材の特徴
  3. 音を通したくない場合もある
  4. 建物は無限のニーズがあるのか
  5. カーペットの特徴
  6. 防滑性能が重要
  7. 石膏ボード
  8. ボードに目地を入れる納まり
  9. 施工はタイミングが重要になる
  10. 建物はメンテナンスによって長持ちする
  1. エントランスホールのタイル例

    床-タイル

    床タイル納まりのポイント
  2. LGS壁はこんなイメージ

    壁-納まりのポイント

    LGS壁の簡単なイメージ
  3. 生コンの状況

    壁-納まりのポイント

    RC壁の特徴と大変なこと
  4. 知識の差は大きな違いを生む

    壁-納まりのポイント

    壁の種類と材料による違い
  5. 限りある時間を有効に使う

    床-ビニル床タイル

    覚えるべき順番も意識する
PAGE TOP