設計図とは何か

建物を建てるまでの手順には様々な要素があって、それぞれの要素によって必要な図面も大きく変わってくる。

前回はそんな話をして、まずはどんな建物を建てるのかを検討する「設計」を紹介しました。

大学で建築学科を出た方の多くは、この設計業務をやりたい方ではないか、というくらいメジャーな業務です。

いわゆる「建築家」と呼ばれて名前を知られている有名な方は、ほぼ間違いなく意匠設計者なんです。

先生、なんて呼ばれ方をするくらいですから。

だから建築=設計みたいな認識があるような気が、建築に携わっている私には感じられます。

まあそれくらい設計という業務は、建物を建てる為には重要な要素だということですね。

今回は、そんな設計が作図する図面から紹介していきましょう。


■設計図

施主からの様々な要望や敷地の条件などを検討して、最も良いと思われる建物を検討するのが設計の業務です。

そして、そうした条件を満たした建物がどんな形状なのかなどを、細かい部分に渡って記載しているのが「設計図」です。

建物の配置や平面プラン、立面図や細かい断面図、さらには仕上材には何を使うかなどなど……

建物を建てる為に必要な情報は膨大な量になりますが、それを網羅した図面一式が設計図と呼ばれる図面です。

建築関連の図面というと、大抵の方がこの「設計図」を想像するんじゃないかと思います。

それくらい重要な図面だ、ということですね。

この設計図がないと、建物を建てる為の方針が全く分からない状況になるので、何をして良いのかすら分かりません。

建物の完成までにどのくらいの期間が必要なのか、そしてどの程度のお金がかかるのかなども読めない状態になる。

これでは仕事が進まないので話にならないですよね。

逆に、設計図さえしっかりとまとまっていれば、それらの情報がしっかりと分かるようになる訳です。

このように、設計者が作成する「設計図」は、建築プロジェクトの要と呼ぶべき存在なんです。

 

■施工

設計というのは「どんな建物を建てるのかを検討」する段階でしたが、じっくりと検討された建物を実際に建てるのが「施工」です。

施工の指針となるのは、設計が作成した設計図で、基本的には設計図に沿った建物を施工していくことになります。

立場が違えば見えてくるものも違ってくるのは当然で、施工が重視する部分は設計とは少し違います。

・高い品質の建物を造り

・契約した工期を守り

・環境に配慮したやり方で

・事故を起こすことなく

・出来るだけ低コストで

……建物を完成させる、というのが施工が重要視していることです。

これらを全て満たすのは非常に難しいことですけど、その難しいことに挑戦することが施工の使命です。

品質については、特に水に関することに気を使います。

水は絶対に高いところから低いところに流れるという性質を持っていて、小さな穴があればそこにも少しずつ入っていきます。

施工をきっちりとやっていない箇所が少しでもあれば、その部分を通過して外から室内に水が入ってきます。

簡単に言えば「雨漏り」ですね。

まずは絶対に雨漏りのない建物を造って、ゴミを大量に出さないやり方で、安全に配慮しつつ工期を守っていく。

当然企業がビジネスでやっている訳ですから、それによって利益を出さなければならない、という条件もあります。

なんだか大変な仕事ですね。

施工は基本的に「ゼネコン」と呼ばれる総合企業が請け負うパターンが多く、その下に下請けが入るという、少し変わった世界もあります。

そんな施工で必要になる図面は、設計段階よりも広範囲になってくるんですが、それについては次回に続きたいと思います。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ