設計者と納まりのポリシー


当サイト「建築の納まり図集」では、建築関連の細かい納まりについて詳しく解説をしていくつもりです。

だけどその前に、建築の図面と言っても色々な種類がありますよ、ということについて簡単に触れてみました。

建物を建てる手順の中には設計と施工があって、それぞれ設計図と施工図・製作図を作図していく。

細かい話はともかくとして、このくらいが理解出来ていれば問題ないんじゃないかと思います。

建築の納まり図を必要としている方が読んでいるのなら、設計か施工のどちらかに属している可能性が高い。

だとすると、そういう話は当たり前すぎる内容で、あまり有益とは言えないかも知れませんが。

これから建築に携わりたいと思っている方にとっては、ある程度は役に立つ内容ではないかと思います。

まずはさわりというか説明の順番として、簡単に建築工事のステップについて書いてみました。

今回はその少し先の話として、建築の納まりをどんな人が求めるのかについて考えてみたいと思います。


■設計者納まりを気にするか

まずは建物を設計する設計者が、どこまで細かい部分の納まりを気にするかどうか、という話なんですけど……

私の経験を踏まえた意見を書かせてもらうと、大抵の設計者は「非常に気にする」という結論になります。。

細かい部分を全然気に掛けない意匠設計者というのは、何も仕事をしない人に違いありません。

少なくとも私は、今までそした意匠設計者に出会ったことはないし、きっとこれからも出会うことはないと期待しています。

設計者は自分が設計する建物に愛着を持っているものです。

だから当然「そこまで?」と思うくらいに、設計者は細やかな部分の納まりに気をつかいます。

建物は細かい部分がどうなっているかで、全体の見映えというのが結構変わってくるものです。

それを意匠設計者が調整していき、最終的には「おお、綺麗に納まっているな」という状態になるんです。

もちろん施工者側と調整をしながら、コストなどを含めて調整しながら綺麗な納まりを目指す訳です。

 

■一般の方が気にしなくても

実際に建物が完成した際には、そのあたりの細かい部分にまで目をやるのは同じ業界にいる人だけ、という話もあります。

普通に建物を利用する方は、そこまで細かい部分についてはあまり気にしない、という可能性もありますが……

まあそんな感じかも知れませんね、普通は。

少なくとも私の家族は、巾木がきっちりと納まっているところを見ても、別に感心することもありません。

説明をしても恐らく「へーそうなんだ」という状態です。

人間は興味がないことに対して、そこまで一生懸命になれないものですから、これは当然のことかも知れませんね。

逆に、例えば石巾木のチリがシャッターのガイドレールよりも出ている部分などを見ても、特に気にすることもありません。

私はやっぱりそういう部分が気になってしまうんですけど、これは職業上仕方のないことですよね。

ただ、誰も気にしないからと言って、そこが適当で良いという訳ではないので、プロならば細かい部分を気にします。

そんなことは当たり前の話ですよね。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ