現場での設計者の役割


設計者は自分が設計する建物に愛着を持っているので、細かい納まりには非常に気を使う場合が多いです。

たとえそれが、一般の方に目に止まらない部分であっても、気になるのはプロとして当たり前のことでしょう。

前回はそんな話をしましたが、まあこれはひどく一般的で、別に驚くような話ではないと思います。

まあ中には「イメージはこんな感じだから、あとは施工の方で検討ヨロシク」みたいな人もいますけど。

そういう人であっても、あとはヨロシクと言っておきながら、完成形のイメージが違うとやり直しを要求したりします。

最近はそういう「先生!」みたいな設計者を見かけない気もしますけど、これは私の環境の問題かな。

まあこれはちょっと極端な例ですけど、設計者はそれだけ建物の出来にはこだわっているということです。

今回はそんな設計者が設計図をまとめた後で、建物の納まりにどうか変わっていくのかを簡単に説明します。


■設計者のポリシー

基本的に設計図は建物の基本方針を示すものです。

大事なのは全体のプランであり、どんな材料なのかであり、どんな構造なのかという部分です。

そういう部分を優先して表現している為、全ての部分の細かい納まりまでを表現することはありません。

時間的に表現したくても出来ない、という理由もあります。

部分詳細図として、巻末のあたりに「こんな感じで納めたい」という詳細図は色々とありますが……

それで全部の場所の納まりを網羅出来る訳ではない、というのが現実ではないかと思います。

そうした状態で、設計者がどのように納まりに関わるのか。

それは、施工段階で作成する図面のチェックをすることで、自分のポリシーを実現していくんです。

建築プロジェクトが設計段階から施工段階に進んでくると、施工図と製作図が設計者に提出されます。

その図面を使って、細かい部分の納まりを色々と決めていく訳です。

 

■意匠設計者の現場での役割

設計図にのっとって現場が進んでいるのかを監理する、というのも設計者の仕事なんです。

これは「監理」という別の部署になることが多いですけど、意匠設計者も施工段階でずっと現場にいることが多い。

意匠設計者は現場で細かい施工段階での図面をチェックして、専門業者と打合せをすることが多いです。

その中で、細かい部分をどうするかという要望を、図面の中で調整することが出来るんです。

今まで設計図では表現出来なかった部分について、施工図や製作図の段階で細かく決めていく。

これが現場での意匠設計者の役割になります。

だからこそ、建築の細かい納まりについて設計者が気にしていないはずはない、ということを書いたんです。

この段階で、きちんとした意匠のポリシーを見せれば、それが余程無理難題ではない限り実現されます。

もう少し詳しく書くと、設計図に全く記載のない納まりで、なおかつ余程コストが高くなりすぎない限りは、ですね。

大抵の意匠設計者は、自分が設計した建物をどう納めるのか、細かい部分まできちんとした考えを持っています。

先ほども書いたように、それが大幅なコスト増にならない限りは、基本的に設計者の意見が尊重されます。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ