施工者と設計者の立場の違い

設計者が建物の納まりに対して持っているポリシーに対して、施工する側がどんな視点を持っているのか。

前回はそのあたりについて考えてみました。

ただ、施工者がコストを気にしているからと言って、納まりはどうでも良いと思っている訳ではありません。

むしろ設計者があまり気にしない「これで施工が出来るのか」とか「人が入っていけるのか」などに気を配るんです。

デザインは良いけれど、実際には施工が実現不能とか、非常に危険な施工になるようでは困ります。

そうしたことにならないように、意匠性も重視しつつ、コストと施工性にも気を使うのが施工者の立場なんです。

どちらの視点が優れているのかとか、そういう問題ではなくて、これは単純に立場の違いです。

どちらもその建物のクオリティを高めようとしていて、そのアプローチが少し違うだけの話です。


■実際に出来ない場合も

先ほども書きましたが、施工者が納まりで気にする項目として、コストの他に「実際に施工出来るのか」という部分があります。

これは実際に作業をする施工者らしい視点ですけど、非常に重要なことだと思います。

設計図に記載されている内容が、必ずしも現実的に施工可能な状態ではない場合もありますから。

・狭すぎて人が入れないなどの物理的な問題

・存在しない商品サイズが選択されている場合

など、理由は幾つかありますけど、施工出来ない状況のまま工事を進める訳にはいかないので、どこかで変更しなければなりません。

もちろん、一般的な話をすれば「お金に糸目を付けなければ大抵のことは実現出来る」んです。

それは設計者も施工者も充分に承知しているんですけど、問題は本当に実現出来るのかという話ではありません。

そこまでコストをかけるメリットがあるのか、ということを設計者も施工者も考えている訳です。

見ている部分は少し違っていますが、設計者が見ている部分も施工者が見ている部分も、どちらも重要なところなんです。

 

■打合せの繰り返し

そうした部分については、施工の意見として、設計者に「これは実際施工出来ません」という話をすることになります。

そうして、どんな状態であれば施工可能なのかなど、細かい調整をしながら施工を進めていく。

現場の基本的な流れはこんな感じです。

こうした設計と施工との打合せは、出来るだけ設良い建物を施工するという目的から来ています。

設計者も当然コストは意識していて、同じような見映えになるのなら、コストが掛からない方を選びます。

もちろんどうしても譲れない部分もあって、そこはある程度コストがかかっても仕方がないんですけど……

それは設計者のポリシーだし、そうした大事な事は絶対に設計図に記載してありますから、コスト増という話にはならないはず。

建物を施工している段階では、そうした施工者との打合せは何度も何度も繰り返されることになります。

すでに設計図は完成している訳ですから、現場での設計者の仕事は殆どが打合せになるんです。

そうして少しずつ建物の完成度を高めていく訳です。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ