巾木納まりの概要について

前回は床仕上げと下地の関係など、床の納まりについての概要を簡単にですが紹介してみました。

それぞれの部位によって納まりの特徴は違いますが、床で重要になってくるのはやっぱり下地のレベルでしょう。

基本的に床は仕上げ材を施工した後でフラットになっている状態が普通で、段差があるのは許されません。

最終的にフラットになる為には、まずどんな床仕上げ材を使うのかを決めて、そこから納まりを検討します。

そこまで決まったら、後はそこから床下地であるコンクリートのレベルを決定していく、という流れになります。

このあたりの細かい納まりは、それぞれの床仕上げ材カテゴリで詳しく説明していくつもりです。

床仕上げ材についてはこんなところなので、今回は仕上げ部位として巾木を取り上げてみたいと思います。


■巾木

巾木(はばき)というのはどこに取り付く仕上げ材かというと、床と壁の隙間に存在する部材のことを指します。

材質のバリエーションはそれほど多くなくて、一般的な部分は塩ビ製の巾木が圧倒的に多いです。

これはちょっと高級な部類に入りますが、塩ビ系の巾木はこんなイメージですね。

 

塩ビ巾木のイメージ

 

あとは木製巾木もありますが、最近は樹脂製で木っぽい見映えにしている商品の方が多い気がします。

 

硬質樹脂製巾木

 

こういう商品を見て「本物の木ではないからダメ」と言う人もいますが、私はこれで全然OKだと思います。

 

■巾木の役割

正直言って巾木はあまり(というか全然)目立つ存在ではありませんけど、実は結構重要な役割を果たしているんです。

なぜ巾木が必要なのかというと、大体以下のような理由があります。

・床と壁の隙間を隠すこと

・モノがぶつかって壁が傷つかないようにする

巾木がないと、掃除機をかけたりモップがけなどをする際に、壁が傷ついたり汚れたりします。

今時モップをかける部屋がどれくらいあるのかは微妙なところですが、巾木があれば掃除機もモップも巾木にあたって壁は綺麗なまま。

こうした壁を守る役割は、建物の見映えを保つという意味ではかなり重要ではないかと思います。

基本的に巾木がない部屋というのは存在しないので、巾木の納まりについては各所覚えておく方が良いです。

まあ基本的には貼るだけの場合が多いですけど……

それでも、巾木は納まりを検討する上でも、きちんと考えておかなければいけないやっかいな部分でもあるんです。

壁に貼る場合はその厚さの分だけ壁から出ますから、その出寸法が問題ないのかなどを確認しておく必要があります。

また、壁から引っ込んだ位置に巾木がある場合もあるので、その場合でもやっぱり検討が必要なんです。

検討が足りないと意外に納まりが悪くなる部分でもあるので、細かいですがしっかりと検討をしておきたいところです。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ