壁納まりの概要について

前回は建築の納まりの中で、床と壁の間に存在する巾木について、簡単に取り上げてみました。

巾木の納まりは基本的にどうなのか、巾木が持っている役割は何なのか、という話をしましたが……

一般的な部分の巾木は、単純に上から「ペタっ」と貼り付けるだけのものがほとんど。

だから、巾木納まりとして難しい部分はあまりない、というのが実際のところなんです。

でも、石巾木とかタイル巾木などの一部などでは、単純に上から貼るだけでは済まない場合もあります。

そうした部分を一般的な部分と同じように考えてしまうと、納まっていない状態になることも。

何も考えなくても良さそうなのに、実はそうじゃない部がある、というのが巾木の一番危ない部分じゃないかと思います。

個人的には結構失敗の経験が多いので、今は巾木の納まりをかなり検討しているつもりです。

なかなか油断出来ない部分なので、少なくとも適当に決めることは出来ない、という認識でいることをお勧めします。

巾木についてはこのあたりで終わりにして、今回は壁の納まりについて簡単に紹介をしておこうと思います。


■壁

壁というのは……とか、これは巾木とかとは違って、今さら説明など要らない部分ですよね。

壁というのは部屋と部屋の間に存在するもので、基本的には少なくとも天井までは伸びていて、部屋を仕切る役割を持っています。

そのあたりの「壁とは何か?」という話は、全然問題ないはずですが、問題は壁の構成になります。

壁が何かを知っている人はほとんどでも、壁の構成にはどんなパターンがあるのかを知っている人はそれほど多くないはず。

確かに壁の構成を知らなくても、建物を利用する方であれば特に問題はないとは思います。

しかし建築の納まりを考える場合には、もちろんどんな下地になっているのかなどをよく知っておく必要があります。

どんな材料で壁が出来上がっているのかによって、納まりの考え方はかなり変わってきますから。

建物が完成した後で見ると、壁というのは大抵の場合きちんと仕上げられて綺麗になっています。

だからあまり気にしないんですけど、実際には色々な材料を使って壁が構成されているんです。

それらによって、考えるべきことも違ってきますので、壁については下地などの細かい部分から説明をしたいと思っています。

 

■壁仕上げ材

壁の納まりを検討する上で、壁下地が何で出来ているのか、というのは非常に重要な項目です。

でもそれはあくまでも下地であって、表面に仕上げ材を貼ったら見えなくなってしまう部分。

表面の仕上げ材をどんなモノにするのかも、下地と同じくらいに重要な要素になります。

壁の表面を仕上げる材料は色々あって、それぞれの仕上げ材に特徴があってかなり面白いです。

まあビニルクロスや塗装などの一般的な納まりであれは、そこまで面白い訳じゃないですけど……

石とかタイルとか、金属パネルとか布貼り納まりとか。

特殊な仕上げ材の納まりは、それぞれの個性があってかなりバリエーションは豊富です。

それらをひとつずつ説明していくのは時間がかかりますが、しっかりと押さえておきたい要素だと思います。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ