カーペットの種類とその特徴


床仕上げ材としてのカーペットはタイルカーペットと何が違うのか、という話を前回は取り上げました。

最大の違いはその形状にあります。

そして、施工のしやすさやOAフロア対応などを考慮すると、タイルカーペットの方が使い勝手が良いことが多いです。

床仕上げ材を施工をする際には、現場に商品を運搬してくる必要がありますが、その場合もタイルカーペットの方が手軽。

……と、さすがに後から出てきた床仕上げ材らしく、色々と有利な部分を持っているんです。

ただし床仕上材のグレードとしては、タイルカーペットよりもカーペットの方が高めになっています。

まあ価格的な部分もトータルで考えた結果として、どうしてもタイルカーペットの方が採用されやすくなるのも無理はありません。

そのあたりも考えると、今まで見たことがある床仕上げ材のランキングでは、きっとタイルカーペットの方が上位に来るんじゃないかと思います。

やはりタイルカーペットは安価だし手軽で、カーペットはどうしても重厚なイメージがあるんですよね。

ホテルのバンケットなど、仕上のグレードが高い部屋などでは、やはりカーペットが使われることが多いです。

こうした仕上材としての高級感は、タイルカーペットにはなかなか出すことが出来ないものだと思います。

その分高額になるのは仕方がないことで、その価格に見合ったグレード感を見せてくれる床仕上材と言えるでしょう。


■カーペットの種類

カーペットの種類は、その断面形状によって大きく3つに分類されます。

このカーペットの形状による区分は、正直言って床の納まりにはあまり影響を与えないものですが。

でも、知っておいても全然損のない知識ですから、軽く説明だけでもしておこうと思います。

カーペットには、表面にある毛足をどう処理しているかによって、以下のような種類に分かれます。

・カットパイル

・ループパイル

・カット&ループパイル

断面形状はこんな感じになります。

 

カーペットの種類

 

最後の1つはそれぞれを混在させているだけなので、大まかには2種類の毛足があることになります。

 

■それぞれの特徴

カットパイルは柔らかい感触が特徴で、ただその分だけ耐久性がやや劣るという特徴を持っています。

一般家庭では、歩行の少ない寝室などで採用することが多いタイプです。

ループパイルは適度に硬くてなめらかな感触が特徴で、耐久性に優れているという特徴を持っています。

比較的歩行量の多い廊下や玄関などであれば、ループパイルを採用する方が良いでしょう。

カット&ループパイルはその中間でお互いの長所を少しずつとっている、という感じですね。

もっと高級な方面で言えば、ペルシャ絨毯とかパキスタン絨毯などがありますが、まあそこまでは網羅しないくて良いかな。

カーペットの種類については、簡単な説明でしたが、このあたりで終わりにしておくことにします。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ