塗床の納まりと下地の考え方


前回は塗床の特徴について色々と書きました。

色々なメリットと数少ないデメリットがありましたが、結局のところ、塗床というのは機能重視の仕上げ材ということ。

この一言に尽きます。

デザインを重視するのではなく、床の性能というか機能を重視するからこそのメリットとデメリットです。

それをしっかりと押さえておけば、塗床の特徴についての説明は、もう終わったも同然です。

後は塗床がどんな納まりになるのかを知っておけば、塗床についての知識はひとまずOKだと思います。

ということで、今回は塗床の納まりがどんな状態になるのか、という話を考えてみたいと思います。


■塗床の納まり

塗床の納まりについてですが、まあこれは下地コンクリートに仕上げ材を塗布するだけの仕上です。

建築の納まり図としては、それほど複雑な納まりにはなりません。

というか非常にシンプルな納まりになるはずです。

そういう意味では、図面で塗床を仕上げている断面を描く機会というのは、あまりないかも知れません。

私も今まで色々と建築の図面を書いてきましたが、あえて塗床を施工する部屋の詳細を描くことはなかったですね。

もう下地として床コンクリートの天端レベルが決まれば、そこで塗床の仕上が決まるだけの話です。

なにも難しい話はないので、特に図面で検討するような部分はないというのが実情だと思います。

あと気にするのは、塗床がどんな性能を持っているのかという仕様であり、施工方法がどんなものか、という話だけ。

仕様と施工方法によって、微妙に塗り厚が違ってくることだけを知っておけばOKだと思います。

それでもあえて断面を描いてみるとこんな感じです。

 

塗床の納まり

 

まあ何というか、普通の納まりですよね。

 

■下地コンクリートとの関係

先ほども書いたように、塗床の厚みは製品や施工方法によって色々で、当然その厚みを一気に塗る訳ではありません。

プライマーや骨材やペースト、そして最後に上塗りなど構成は様々ですが、少なくとも図面にはそこまで表現しません。

建築の納まりを検討する際にも、塗床の内訳が重大な影響を与えることはまずないですから。

心配するのは、その部屋の下地コンクリートが部分的に下がってたりして、塗床が施工出来ない状況になっていないか、という話だけです。

タイルカーペットのように、一部床を下げておいて二重床とかOAフロアとかの納まりというのは、塗床では出来ません。

OAフロアの天端に塗床とか、そういうのはあり得ないですから。

だから建築としては、塗床を採用する部屋のコンクリート天端を把握して、それを図面できちんと表現しておくだけ。

このあたりの知識を押さえておけば、塗床の納まりとしてはもう充分じゃないかと私は思っています。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ