複合フローリングとは何か

前回はフローリングの種類のひとつ、単層フローリングの特徴について説明をしてきました。

無垢材が持つ美しさと質感と調湿性能、そして湿度による伸縮や反りなどの暴れやすさ。

どちらも無垢材の大きな特徴ですから、それをしっかりと踏まえた上で仕上材を選定することをお勧めします。

「無垢材ってなんだか本物志向だから」みたいな安易な理由では、後々後悔することになるかも知れません。

施工会社によっては、後々でトラブルになることを懸念して、無垢材のフローリングは採用しない場合も多いです。

いくら事前に「無垢材は暴れますけど良いんですか?」と念押しをしても、施主はなかなかそこまで想像出来ないものです。

実際にそれを目の当たりにすると「ホントに暴れるんですね」だけでは済まず、クレームのもとになってしまう可能性が高い。

そんな酷いことにならないように、施工する側も無垢材については気をつけて施工をする必要があるんですが……

なぜ木材のみの単層フローリングだけでなく、木材をスライスして加工した複合フローリングが存在するのか。

これを考えると、やはり安定した材料というニーズはかなり大きいのではないかと思います。

さて、今回は単層フローリングと対をなす存在である複合フローリングを紹介していきましょう。


■複合フローフィングとは何か

複合フローロングというのは、合板を下地として、その上に化粧材を貼り付けたタイプの商品を指します。

表層は化粧材とはいえ、基本的には木材を使っている訳ですから、見た目はそれほど違うことはありません。

ただ極端なことを言ってしまえば、表層に貼り付ける仕上材は、木ではないモノを貼っても良い訳です。

例えばキズやヘコミなどの耐久性を考慮すると、木っぽいシートを貼った方が良いんじゃないか。

と、そんなことを考えてしまう訳です。

まあこれではちょっと本末転倒な気もしますけど、実際に表層に特殊シートを貼り付けた商品も結構見かけます。

特殊シートというのは、オレフィンや紙のシートに木目や石目、抽象柄を印刷したもの。

石目?と思われる方もいると思いますが、木目よりも石目の方が映える部屋もありますから、ニーズはあると思います。

石は見た目が非常に良いんですけど、ちょっと素足では冷たいですし、何しろ高いという問題があります。

なので、石目調みたいな仕上材は結構あったりします。

 

■複合フローフィングの特徴

そんな複合フローフィングの特徴ですが、まあ今までの話で一通り書いてしまった気もしますが、こんな感じです。

・材料の組み合わせで色々と性能を付加できる

・表面材にバリエーションが多い

・伸縮や反りが少なく比較的安定している

・施工が容易

・無垢材よりも安価である

・表面材より深いキズがつくと極端に見た目が悪くなる

・接着剤などを使うため自然素材とは言い難い

無垢材は木の質感をそのまま生かしますが、複合フローリングはそういうことを考えません。

だから表面材のカラーバリエーションは豊富で、安定した材料で施工が容易になり、価格も安価である。

無垢材であることに強いこだわりを持っていなければ、メリットの多さで複合フローリングを選ぶ方が多いと思います。

毎日触れる床材として、本物の木から切り出した1つの部材である必要があるかどうか。

この質問には「Yes」の方もいるし「No」の方もいるはずで、どちらが正解とかいう話ではありません。

しかしこの点が、単層フローリングと複合フローリングの選択を分ける決定的な要素なんです。

私としては……まあどちらも良い部分があるので、場合によって使い分けるとしか言えないですね。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ