ALC壁の特徴とは


途中から自分の経験談に変わってしまいましたが、前回はRC壁の特徴について簡単に説明をしてみました。

RC壁は性能としては申し分ない壁なので、採用する機会もかなり多いんじゃないかと思います。

特に構造がRC造の建物であれば、外壁はほぼ間違いなくRC壁というケースが多いはずです。

重くて分厚いという特徴もある壁なので、多用すると建物が重くなるし、壁が分厚いので部屋の有効面積が少なくなるという特徴もあります。

全部の壁をRC壁にするというのは、間違いなくオーバースペックになるので、性能が求められる部分だけ、という感じになると思います。

さて、壁の仕様についての話はまだ続きますが、今回取り上げるのはALC壁で、これはS造に多く採用される壁です。

そんなALC壁の特徴を今回は取り上げてみる事にしましょう。


■ALC壁

ALC壁って何?

と、RC壁の時には全く取り上げなかった話から入っていくことにしますが、ALC壁というのは以下の略です。

UTOCLAVED(オートクレーブ養生)

IGHTWEIGHT(軽量)

ONCRETE(コンクリート)

これらの頭文字を取って「ALC壁」という表現になっていて、外見はこんな感じの製品になっています。

 

ALCのイメージ

 

ちなみにオートクレーブ養生というのは、内部の圧力を高めた装置の中で養生された、という意味です。

圧力が高い場所で養生されるとどんな効果があるのか……と、考えていくとキリがないのでこの辺にしておきましょう。

ALC壁というとあまりピンと来ないかも知れませんが、「ヘーベルハウス」という言葉は時々CMをやっているので知っていると思います。

「ヘーベル」は旭化成建材が販売しているALCの商品名で、要するにヘーベルハウスはALCを用いた一戸建てということになります。

そんなALC壁の特徴としては、以下のようなものが挙げられます。

・コンクリートに比べると軽い

・規格品を工場で制作出来る(から工事が早い)

・比較的加工しやすい

・内部に気泡が多く含まれる為、断熱性能が高い

・耐火性能もある

・デザイン性を重視した製品もある

・とは言っても、高い意匠性とは言い難い

と、こんな感じでしょう。

3階建のマンションで、あまりデザインに凝っていない建物を見ると、かなりの確率で外壁はALCになっているはず。

よく見かけるというのは悪いことではなく、それくらい手軽で性能も高く、コスト的にも有利な材料だということなのでしょう。

こうして外壁に多く用いられるALC壁ですが、もちろん内壁にも採用されることは多いです。

ALC壁には耐火性能があるということで、防火区画壁として用いられることも多く、エレベータの周囲などでもよく使われます。

納まりはそれ程難しいものではありませんが、取り付ける為の下地が必要で、そのあたりは個別に詳しく説明をしていきます。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ