壁の下地によるカテゴリ区分


このカテゴリからは、壁仕上げの様々な納まりについて細かい説明をしていこうと思っています。

もちろん言葉だけの説明では分かりにくいので、断面図や写真などを添えて説明をしていくつもりです。

壁の納まりは床に比べると項目が多いので、どのくらいの量になるのか先が読めないですけど……

ひとつずつ地道に説明を進めていけば、そのうちに書くことがなくなるはずと思ってやっていきます。

あら?

好きで書いている訳だから、序盤から「大変ですが頑張ります」とか書くのはどうもおかしいですね。

自分の為に書いているのに。

当サイトには、自分の中にある知識を整理するという目的もあるので、出来るだけ楽しんで書いていこうと思います。

まずは壁の納まりについての説明を、どんな流れでやっていこうか、というあたりの話を考えてみたいと思います。


■壁の下地は色々

壁の納まりを色々と紹介するにあたり、説明をする順番と分類をどうすれば分かりやすいのかを考えると、これが結構難しいんです。

床仕上げの場合は割とシンプルだったので、あまり悩まずに進めることが出来たんですけど、壁はそう簡単にはいかなそう。

壁の納まりと一括りに表現しても、下地の種類は何種類かあって、表層の仕上げで分類しても分かりにくい気がするんです。

例えば壁仕上げ材のビニルクロスを例に挙げると、ビニルクロスというのは下地にクロスを貼るだけの納まりになります。

どこにクロスを貼るのかというと、コンクリート面に貼るか、石膏ボードに貼るかのどちらかが多いです。

しかしその石膏ボードにも下地があって、石膏ボードの下地としてコンクリートがある場合もあって……

というように、床仕上げと違って壁仕上げというのは、色々な材料が何層かになっている場合が多いんです。

だからこそ、壁の納まりは色々と考えることが多く、そこが面白い部分でもあるんですけども。

 

■下地毎のカテゴリ分け

今までは床仕上材の納まりを色々と説明してきた訳ですけど、床の下地は基本的にコンクリートがほとんどでした。

なので、下地がコンクリートであることを前提にして話を進めることが出来て、結構シンプルに話をすることが出来ました。

床というのは人や荷物の荷重が掛かるので、構造体である床スラブの上に仕上げ材を貼るというパターンが多いです。

場合によってはOAフロアのように、コンクリートスラブではない下地もありましたが……

そうした床下地であっても、その床下地は結局コンクリートスラブの上に施工されたものになります。

つまり、コンクリートの下地なしでは床は納まらない、という事になって、話が単純だったんですよね。

後はコンクリートに直接仕上げ材を貼るのか、それともスチールや木で下地を組んだ上に仕上げ材を貼るのかの違いだけ。

それに比べると、壁というのは下地の種類が床よりも多いので、表層材で分類するのはちょっと違うのかも知れません。

壁の下地はいくつかの種類がありますが、その下地毎に分類して説明する方が分かりやすいかも。

今のところはそんな気がしているので、まずは今まで説明をしてきた壁の大まかな区分ごとにカテゴリ分けをしてみようと思っています。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ