化粧打放しコンクリートの怖さ


コンクリート下地壁納まりの中で、コンクリート面をそのまま見せる「化粧打放し仕上」は非常に特殊な存在です。

施工の工程を考えた時に、骨組みを施工する初期段階で、最終的な仕上状態を造っておく必要がある。

これがまずは化粧打放し仕上を特殊にしている要因のひとつです。

もちろん、骨組みを施工する段階に仕上を意識しないといけないのは、化粧打放し仕上だけではありません。

最終的な仕上と骨組みの関係を検討して、コンクリートが邪魔をして仕上が納まらない、ということがないようにする必要があります。

そうしないと、防水をする為に床を下げておきたかったのに、肝心の梁が下がっていないという状況になりかねません。

そうならない為に、実際に建物を建てる前に図面を描いてみる必要があって、それが図面の存在意義でもあるんです。

だから、仕上を意識しなければならないのは皆同じではあるんですけど、化粧打放しは仕上の表面までを躯体工事の時に造る必要がある。

これが大きな違いではないかと思います。


■施工のタイミングだけではなく

コンクリート化粧打放し仕上の場合は、工事の序盤で既に最終的な仕上を施工しなければならない、という難しさがある訳です。

その上に仕上材を施工する場合には、ある程度の施工スペースがあることだけを確認すれば、それで骨組みを施工することが出来ます。

細かい納まりはともかく、これくらいのスペースがあれば後で何とでもなる、という感覚がある訳です。

しかし化粧打放しの場合には、コンクリートを打設し終わった時に、もう最終仕上が決まっている状態です。

この違いが非常に大きい、という点がひとつあります。

しかし、こうした施工タイミングの早さ以上にコンクリート化粧打放し仕上を難しくしている要素がもうひとつ。

それは、コンクリート打設は基本的に一発勝負なので、失敗したからと言ってやり直しは利かない、という点。

これが施工者にとっては厳しいんです。

 

■一発勝負の怖さ

コンクリートの壁を打設する前準備として、型枠を立てて鉄筋を加工して、反対側の型枠を建てる、という手順があります。

そして、出来上がった型枠にコンクリートを流しこんでいき、硬化して強度が出たら型枠を解体する。

その手順で壁のコンクリートを打設して、型枠を解体してみたら、コンクリートが流れこんでいない場所があったら……

もしくは、型枠パネルに微妙な段差が出来ていて、仕上がり面が平滑になっていなかったら……

後からそれを化粧打放しとして綺麗に見せるのは、かなり難しい状況だと言うしかありません。

なぜこんな「もしこうだったら」みたいなことを書くのかというと、コンクリート工事ではかなりそう言う状況が多いからです。

しかしそうしたよくある状況になった時に、後でそれを綺麗に見せる手段が少ないのが困るんです。

「化粧打放し」という言葉の通り、コンクリートを打設したままの状態で見せるのがこの仕上の特徴です。

それが綺麗にいかなかった時に、上から何らかの仕上げ材を張るなどのフォローはなかなか出来ません。

化粧打放しを「一発勝負」と書いたのは、ダメだった時のフォローが非常に困難になるからです。

このあたりがコンクリート化粧打放し仕上の難しいところです。

化粧打放しの壁納まりで検討すべきことを考える前に、まずはこの事実を知っておきましょう。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ