コンクリート打放しの劣化について


コンクリート化粧打放し仕上の特徴とか、検討しておきたい要素について、今まで色々と話をして来ました。

話がだいぶ長くなってしまいましたが、それも前回で一通り説明することが出来ました。

まだまだ細かい部分では色々あるんですけど……

Pコンを埋める場合の面落ち寸法とか、細かい話をし始めるとキリがないので止めておきましょう。

ちなみに、コンクリート化粧打放し仕上では、コンクリートの表面がそのまま見えてくるようなイメージがあります。

打放しというのはコンクリートを打設したまま、やりっぱなしということですからそうしたイメージになる訳です。

でも、さすがに何もしない訳ではなくて、一般的にはクリア系のコーティングをしていることが多いです。

それはなぜかと言うと、コンクリートの表面をそのままの状態にしたら、どうしても劣化が激しくなるから。

最初は美しい仕上のコンクリートであっても、雨風に晒され続ける内に、黒ずんできてしまいます。

そうなると、お世辞にも見映えが良いとは言えなくなるので、表面の劣化を防ぐためにもコーティングは必須になると思います。

今回はコンクリート化粧打放しの最後に、こうした見た目と使い勝手について、個人的な意見を書いてみます。


■建物は劣化する

コンクリート化粧打放し仕上をする場合、大抵は透明なコーティング材を塗布することになります。

目的は表面の保護で、クリア系のコーティングなのは、コンクリート打放しの見た目を損なわないようにする為。

しかしそれでも、経年による劣化を完全に防ぐことは難しい、というのが現実としてある訳です。

まあこれは石とかタイル、もしくは吹付けなどの外装仕上材の宿命で、どんな仕上材でも一緒ではあります。

ただしタイルや吹付けなどと比較しても、コンクリート化粧打放し仕上の劣化は早めです。

そして、新しい時の見た目から劣化した時の見た目への変化で、最も落差が激しいのが打放しでしょう。

 

■見映えだけで良いのかという問題

もちろんこれは私個人の考えでしかありません、と前置きをして。

劣化した時の見映えとか、室内に採用した時の断熱材が施工できないなどの問題を考えていくと……

コンクリート化粧打放し仕上というのは、あまり施主の事を考えていない仕上ではないかと思ってしまうんです。

確かに建物が完成した時には、すごくデザインしてる感が漂いますけど、年月が経った時にどうなのか。

黒ずんで見えても味がある、という可能性もありますけど、私の自宅だったらそれはイヤだと感じます。

まあ定期的に補修やコーティングをしていけばいい話ですけど、そこまでしてコンクリートの見た目を楽しみたいでしょうか。

その為にかかるコストを考えると、私はどうしてもコンクリート化粧打放し仕上に両手を挙げて賛成が出来ないんです。

まあ建物のデザインは設計者が考えるべきことで、完成した時の見映えの良さも重要な要素だということは分かっているんですが。

それでも、後々までその建物を使う側から考えると、そこまでそれが重要なのかどうか、ちょっと疑問に感じてしまうんです。

どうもあまり為にならないような話になってしまったので、この話はもう終わりにしておきましょう。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ