石膏ボードを張る方法について


コンクリートをそのまま見せる納まりとする場合、どのようなことに気を使えば良いのか。

というあたりの話をずっと長いこと取り上げて来ましたが、前回あたりからようやく次の話題に進んできました。

コンクリート下地は今までと同じなんですけど、表層をそのまま見せるのではなく、石膏ボードを張る納まりです。

どちらかと言えば、コンクリートの表層をそのまま見せるよりも、石膏ボードを張る納まりの方が、色々なシーンで用いられます。

なので、ちょっと順番が違いますけど、まずはこちらの納まりを覚えておいた方が良いんじゃないかと思います。

まあいずれどちらも覚えるのだから、その順番をどうこう言うのもおかしな話なのかも知れませんが……

まずは一般的に用いられる納まりを覚えていき、一通りそれを覚えた後で、使用頻度が低めの納まりを覚えていく。

そんな感じで知識を増やしていくのが理想的ではないかと思います。

と言うことで、まずはコンクリート下地の一般的な納まりである、石膏ボードを張る納まりのバリエーションを紹介します。


■張り方は幾つかあって

コンクリート下地に石膏ボードを張るという納まりも、下地と表層は同じでも幾つかのやり方が存在します。

まずはそのやり方のパターンを一通り知っておき、それぞれの特徴もあわせて覚えておきましょう。

・GL工法

・UL工法

・LGSを立ててしまう工法

これらの納まりパターンは、結局のところ「どうやってコンクリート下地にボードを張るのか」の違いです。

それぞれに特徴があって、どの部分にどの工法を採用するのかも、その特徴によって変わってきます。

まずはそれぞれの特徴を簡単に掴んでおくことから始めましょう。

 

■GL工法

GL工法というのは、コンクリート面に「GLボンド」と呼ばれる接着剤を貼りつけ、その上に石膏ボードを圧着する工法です。

圧着って何? と言われてしまいそうですが、意味は「強く押しつけて接着すること」なので、イメージは掴めると思います。

もう少しだけイメージを補う為に、GL工法の雰囲気を写真で確認すると、こんな感じですね。

 

GL工法のイメージ

 

下地がコンクリートっぽくないのは、外部に面するコンクリート壁なので、断熱材を吹き付けているから。

左側にところどころ見えている白っぽい物体がGLボンドで、右側の黄色っぽい部分は既に石膏ボードを張った後の状態です。

ボンドで壁のボードを張っても大丈夫なのか、という心配をされる方がいるかもしれませんが、全く問題はありません。

恐らく自分でも知らない内に、様々な場所でGL工法の壁に接する機会があったと思います。

その壁に寄りかかったら壁にヒビが入ったとか凹んだとか、そうした経験は殆どの方が持っていないはず。

もちろん壊すつもりで衝撃を与えれば壊れますけど、日常的にぶつかるなどで壁がとれたりすることはありません。

このGL工法の特徴については次回に続きます。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ