GL工法の基本納まり図


前回はコンクリート下地に石膏ボードをボンドで張る、GL工法の特徴について考えてみました。

ボンドというのがGL工法の最大の特徴ですから、ボンドの特徴がそのままGL工法の特徴になる、という感じですね。

ボンドというのはある程度自由な形状を持っているので、コンクリートがデコボコしていても、仕上はきちんと平滑になります。

しかしあくまでもボンドなので、湿気を吸ってしまうような部屋は出来るだけ避けておく必要がある。

そして、コンクリートと石膏ボードを密着させるという特徴から、遮音性能の低下という問題も出てくる訳です。

しかしそうした特徴をしっかりと知っておくことが出来れば、GL工法は使い勝手の良い施工方法として大いに役だってくれるはずです。

今回はそんなGL工法が、実際にはどんな納まりになるのか、というあたりの話をしたいと思います。

以前GL工法の写真を紹介しましたが、それで大体分かってしまうような気はしていますが……


■GL工法の一般的な納まり

コンクリート壁に石膏ボードを張る、というGL工法の基本的な納まり図は、以下のようになります。

GL工法1枚張り納まり

これは、コンクリートの壁に12.5mmの石膏ボードを張った状態で、最も一般的なパターンではないかと思います。

コンクリート下地にGL工法というと、石膏ボードを1枚張って終わりという場合が多いかも知れません。

まあこれは建物のグレードによって違ってきますけど、割合としては1枚貼りの方が多いような気がします。

もちろん石膏ボードを2枚張る場合もあって、その場合は以下のようにボードをさらに張るだけになります。

GL工法2枚張り納まり

この場合、表層に張る石膏ボードの厚みは色々ですが、当然仕上の面は室内側に出てくることになります。

なぜかと言うと、GLボンドのスペースがある程度は必要だからです。

 

■ボンドのスペース

GLボンドを一定のピッチでコンクリートに塗っていき、その後石膏ボードを押し付けながら仕上げ面を調整していく。

これが基本的な施工の流れになります。

ある程度のボリュームをもったボンドを満遍なく壁に塗っていくことになるので、ボンドのスペースはある程度必要になります。

コンクリート面から石膏ボード12.5の面まで、出来れば30mmは欲しいと私は思っています。

頑張れば20mmも可能だとは思いますが、コンクリート壁がフラットに打設出来ているとは限りません。

というか、デコボコしている状態であることは確実なので、その出っ張り分の逃げも考えると30mmが無難ではないか。

そんな計算になっています。

まあこれは施工側の都合で決まってしまう寸法ではあるんですけど、施工できない寸法で設計をしても現実味は全くありません。

施工可能な寸法を考慮して設計をする方が、後々で問題にならずに済むのではないか、と私は思っています。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ