スリット部に目地が必要な納まり


コンクリート壁に対して直接石膏ボードを張るのではなく、隙間を設けてLGSを改めて下地として建てる。

このやり方をすると、コンクリートの動きが直接石膏ボードに伝わらない状態になります。

コンクリート壁の種類によっては「構造スリット」が必要になる場合もあって、そこに石膏ボードを施工する場合には注意が必要になります。

構造スリットというのは、コンクリート壁の動きを柱に伝えないようにする、という目的があります。

なので、大きな地震が発生した際などには、柱と壁はどうしても違う動きになってしまうんです。

そうしたコンクリート下地に対して、直接GLボンドなどで石膏ボードを張っていく。

もちろん施工的に全然不可能ではありませんが、後々の壁仕上のことを考えた場合には、あまりお勧めすることが出来ません。

若干話が別の方向に向かっている気がしていますが、今回はそのあたりについてちょっとだけ考えてみることにしましょう。


■一般的なGL工法の納まり

まず、コンクリート下地に直接石膏ボードを張る納まりにすると、このような状態になります。

一般的なGL工法の壁

これがGL工法の一般的な納まりになりますが、この下地に構造スリットが入る場合はどうなるかというと、こちら。

構造スリットがある場合

この状態になると、コンクリート壁と柱の動きが違った場合に、構造スリット付近で仕上にひび割れが入る可能性があります。

クロス貼りであれば少しはマシかも知れませんが、塗装仕上などにした場合、かなりの確率で塗装面にクラックが入ります。

 

■ボード目地を入れるという選択肢

せっかく綺麗に仕上げた壁面にヒビが見えるのは、どう考えてもデザイン的なメリットのないことです。

だから当然のことですが、ヒビ割れが出てしまうような状況は、何が何でも避けるべきなんです。

そうした場合にどうするか。

この場合には、下地の動きが違ってくる部分にあらかじめ目地を入れておく、ということをやります。

イメージはこんな感じ。

ボードに目地を入れる納まり

コンクリート下地の動きが違う部分に目地を入れることで、石膏ボードに目立つひび割れが入ることを防ぐことが出来ます。

ひび割れ対策としては、シンプルですがこれで完了なんですけど……

ただ、こうした目地というのはそのまま建物利用者に見えてくる訳ですから、デザイン的にはあまり入れたくない。

当たり前の話ですが、壁の途中で唐突に目立つ縦ラインがある状態は、あまり美しいとは言い難いものです。

だから出来るだけこうした目地を入れないで納まりを決めて行きたい、というのが設計者の本音。

だけど入れないと後でひび割れてしまう。

単なる壁の仕上と言っても、設計者や施工者は色々と考えているんです。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ