コンクリート下地+石膏ボードまとめ


コンクリートの下地に石膏ボードを張る場合の納まり、という内容でこのカテゴリでは色々と説明をしてきました。

途中まで「コンクリート下地」というカテゴリに入れて説明していましたが、どうにも長すぎるのでカテゴリを分けました。

ただ、つい先程カテゴリを分けたので、文章の流れで微妙におかしなところが出ているかも知れません。

これは建築の納まりとはあまり関係のない話なので、それほど問題にはならないんじゃないか、と私は思ってます。

コンクリート下地に石膏ボードを張る、ということだけを考えても、そのパターンは幾つかありました。

・GL工法

・UL工法

・LGSを建てる

厳密に区分をすると、LGSを建てるというのはコンクリート下地ではありませんが、GL工法をやめてLGSを建てるのは結構あることです。

なので、あえてコンクリート下地の項目にも、このようにLGSを建てる工法を紹介しました。

LGS壁はLGS壁でもっと色々なバリエーションがあるので、それは後で詳しく説明をしていこうと思っています。

今回はコンクリート下地+石膏ボードという壁仕上の納まりについて、簡単にではありますが、まとめてみたいと思います。


■GL工法の特徴

まずはそれぞれの工法の特徴ですが……

GL工法は手軽でコストに優れていて、下地から仕上までの寸法が小さくて済むというメリットがあります。

しかしその反面、施工可能な高さ制限があったり、湿気に弱かったり、下地と密着して振動を伝える為に遮音性能が低下するなどのデメリットがありました。

こうした特徴を考えると、天井がそれほど高くない場所で、遮音についても特に意識しないで良い部屋に向いています。

この条件を満たす部屋というのは、実は結構たくさんあるので、やはりGL工法は使い勝手の良い工法だと言えるでしょう。

 

■UL工法の特徴

次にUL工法の特徴ですが、仕上までの寸法が小さくて済み、なおかつ湿気のある部屋にも強く、下地の動きに追従するというメリットがあります。

しかしGL工法に比べるとコストが高め、というデメリットがあるので、それならばLGSでも良いんじゃないか、という気もします。

私の数少ない経験では、あまりUL工法にお目にかかったことはない、というのが正直なところです。

コンクリート下地にはGL工法を基本にして、GL工法が採用できない部分ではLGSを建てる。

もちろん経験は人によって違うので一概には言えませんが、こうした方針が今のところは多いです。

 

■LGSを建てる場合

コンクリート下地があるにも関わらずLGSを建てる状況というのは、大抵の場合は以下のいずれかです。

・コンクリートと縁を切りたい

・壁とコンクリートとの間にスペースが必要

スペースが必要な状況というのは、コンセントを埋め込んだり配管を通したりと色々ですが、状況としては結構多いはずです。

こうした場合には、GL工法にこだわらず、LGSを建てる方がいい場合もかなりある、ということを覚えておきましょう。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ