LGS壁の手軽さについて考える


前回は簡単にLGS壁の特徴を紹介しました。

同じ壁として、どうしてもコンクリートで作る壁と比較することになってしまいがちなので、特徴もそうした部分が多かった気がします。

コンクリートに比べると……

・薄くて済む

・施工が早い

・軽い

・ただし強度はやや劣る

・水には弱い

という特徴を持っているのがLGS壁です。

コンクリートより強度が劣ることがデメリットと言えるかは、正直言ってかなり微妙なところだと思います。

それでも充分な強度を持っている壁だからこそ、大抵の壁はLGS下地で作られることになる訳ですから。

今回はもう少しLGS壁の特徴について考えてみて、その後もっと細かい部分の説明に進んでいくことにしましょう。


■解体の手間もある

基本的にコンクリートというのは、型枠を作成してそこに生コンを流し込んで強度が出るまで待つ必要があります。

その分強固な壁になる訳ですけど、やはりどうしても時間がかかってしまうし、後で壊すのが大変です。

この「後で壊すのが大変」というのが結構大きいんです。

全ての壁をコンクリートで作ってしまうと、後でプランを変更したくなった時に、解体にかかる費用が大変なことになります。

お金がかかるのもツライですけど、さらに解体するのに時間が掛かってしまい、さらに爆音が響くという三重苦。

どうしてもコンクリートにしなければならない壁は別として、出来るだけ後のことを考えてLGS壁を採用した方が良いと私は思っています。

やはりコンクリートに比べると、LGSは手軽で良いですね。

そこにモノさえあればすぐに建てることが出来て、LGSを建てた後で強度が出るのを待つ必要もありません。

この手軽さがLGSの最大の売りです。

 

■乾式と湿式と

コンクリートは「湿式壁」と呼ばれ、コンクリート等水分を含んだ材料を使用するのに対し、LGS壁は「乾式壁」と呼ばれています。

要するに乾いた材料(こんな呼び方は実際しませんが)を使って手早く施工をしていく、という考え方です。

この違いはやはり大きいです。

また、LGS壁はコンクリート壁に比べると、壁の厚みもそれほど大きくならないというのもポイントが高い。

コンクリートは必ず中に鉄筋を入れる必要があるので、壁を薄くしようとしても、100とか90くらいが限界です。

それ以上薄いRC壁にしてしまうと、鉄筋のかぶりが確保できない状態になるので、物理的に無理という状況に。

しかしLGS壁であれば、壁の性能によって変わってきますが、壁厚100くらいであれば実現は可能です。

もちろんそれだけが重要なポイントという訳ではなく、コンクリート壁がどうしても必要な部分もありますが……

一般的な壁だけを考えると、手軽さや薄さなどを考慮してLGS壁の方が採用される機会が多い、ということをここではお伝えしておこうと思います。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ