仕様の選択とコストの関係


今までの話の中で、まずはLGS壁の種類について、求められる性能毎にいくつか紹介をしてきました。

建物の用途や構造、建物の規模、そして設置される場所によって壁に求められる性能は様々です。

耐火性能だけが必要とされる壁もあるし、遮音性能も同時に求められる壁もあるし、部屋と部屋を区切るだけの性能があれば良い場合もあります。

そうした様々なシチュエーションに合わせて、LGS壁には様々な仕様と性能が用意されています。

その場所ごとに適切な仕様のLGS壁を選択していく。

こうした考え方が、建物を建てる際には重要になる訳ですけど、ここでもう一つ重要な要素があります。

恐らく建物を建ててもらおうとする人・企業が最も気にする要素である「コスト」ですね。

これを意識しない限りビジネスは成り立ちませんから、今回はLGS壁をコストという視点から考えてみることにします。



■仕様を統一するメリットとは

建物の用途や規模によって、そして設置される場所によって求められる壁の性能は少しずつ異なってきます。

例えば階段の周囲はほぼ間違いなく耐火壁が必要になりますし、音楽スタジオの壁には高い遮音性能が必要になる。

そうした区分を場所ごとにやっていく必要がありますが、これは結構大変というか面倒な作業でもあります。

それなら全部同じ性能のLGS壁にした方が楽なのでは?

…と思ってしまう場合も、もしかしたらあるかも知れませんが、やっぱりそうした乱暴な考え方は少なくとも仕事では出来ません。

なぜかと言うと、全部同じにするとコストが嵩んでしまうからで、出来るだけ無駄がないようにするのがプロの役割になります。

求められる性能を満たしつつ、なおかつコストを意識して満たしすぎないような性能の壁を選定する必要がある、ということです。

「大は小を兼ねる」という安易な考え方をすれば、最もスペックの高い壁を全ての部分に採用することで間違いなく建築基準法を満たした建物になります。

しかしその為には余分なお金がかかってしまい、その金額は当然施主が支払うことになる訳です。

そうした事実を知った時に施主が喜ぶかどうかを考えると…恐らくあまり喜ばないのではないかと私は思います。

なぜそんな無駄な事をするのか、と、少なくとも私だったら怒りますし、無駄をなくした計画を要求するでしょう。



■考え抜いた建物の為に

設計段階で壁仕様を最高スペックに統一することで、得られるメリットというのは「考えなくて済む」ことだけ。

表現を変えれば「仕様を統一することによって間違えをなくす」など。言い様は色々あるとは思いますが…

間違えないようにする為だけに壁を統一する、というのはあまりにも安易な手段と言わざるを得ないでしょう。

建物を設計する側の仕事は「考え抜いた建物を造ること」であり、間違っても「簡単に考えられる建物を造ること」ではありません。

そうした思考を放棄して、施主に余分にお金を支払わせるようではプロの仕事とは言えません。

建築のプロとしてそんなことにならないよう、その場所に適した仕様の壁を選定していきたいものです。

まあ今回出した例はあまりにも極端な話ですから、実際にそんなことをする設計者はいないと思います。

でも、オーバースペック気味にしておく方が安全、という考え方もあるので、似たような話は結構あるかも知れません。

何が何でもギリギリのスペックである必要はないと思いますが…

それでもコストを度外視した建物というのは喜ばれませんので、無駄のない設計を心掛けたいところです。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ