どんな順番で解説をしていくか

建築の納まりについてこれから色々と図解していくつもりですが、納まりと言っても様々な部位が存在します。

床の納まりとか壁の納まりなどの一般的な部分の納まりもあるし、床と壁が取り合ってくる巾木の納まりもある。

複雑な納まりもシンプルな納まりもある訳です。

もちろん複雑な納まりでも理解出来るようになるのが目的ですが、その為にはまず基本的な納まりを知っておく必要があります。

理想的な順番としては、基本をまず押さえてから、その知識を踏まえて難しい納まりに進むこと。

まあそこまで難しい納まりについての説明に進むには、まだまだ時間がかかってしまいそうな気もしますが。

当サイトの最終的な目的は、そうした内容の濃いコンテンツを造り上げていくことですから、少しずつ進めていくしかありません。

まずはどんな順番で説明を進めていけば良いのか。

かなり初歩的な話になってしまいますが、今回はそのあたりについて色々と考えていることを書いてみたいと思います。


■適当な順番で良いかを考える

建築の納まりには様々なパターンがありますが、複雑で難しい納まりと言っても、基本的な考え方はそれほど変わりません。

大抵の場合は基本的な納まりが複数組み合わさっている状態で、それぞれをきちんと理解しておけば問題ありません。

だからまずは基本的な納まりから説明をしていくつもりですが、その順番をどうすれば良いかですよね。

知っている基本納まりの中から、私がその時思いつくまま、適当な順番でどんどん紹介をしていく。

そんな自由なスタイルで納まりを解説していくのが、説明をする私としては一番楽かとも思いました。

だけどそれで楽なのは多分最初だけでしかなく、結局のところは後で困ったことになるんですよね。

仕事でもサイト運営でも同じ話が言えるんですけど、無計画なやり方で楽をすることなんて出来ません。

後で少しでも楽をする為には、最初に少し計画を立てておくことが重要ではないかと思います。

 

■無計画で困る事

ちなみに、無計画に片っ端から説明をしていったら、後でどんな事で困るのかを考えてみると……

・情報に抜けが多くなる

・その一方ではダブった情報が出る可能性もある

・整理されていないので見づらい

というあたりが考えられます。

今回はこの納まりを紹介しようかな、と思った時に、今までとダブってないかがすぐに分からない。

これが結構困るんです。

まあ書いているのは私ですから、全く分からないとは言いませんが、逆に全部覚えているとも言えません。

解説しようとした納まりについて、以前取り上げたかどうか、記事を書く度に毎回確認するのはしんどいです。

というか、恐らく私の能力を考えると難しい。

絶対に途中から面倒でチェックをしなくなってしまい、納まりの解説がどんどんダブっていく状態が目に浮かびます。

そうなると収拾が付かない状態になって、整理するのもイヤになってしまうので、まずは事前にレジュメを作っておく方が良いかも知れません。

長々と書いた挙げ句、非常に一般的な内容の話になってしまいましたが、次回は具体的にどんな区分にするのかを考えてみます。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ