床納まりの概要について

建築の納まりをどんな区分と順番で解説していくのが一番良いのか……

そのあたりの話を前回は書いてみましたが、よく考えたらこれは解説を読む方にはあまり関係ないかも。

そんな気がしてきましたが、どんな予定で書いていくのかを考える事自体は必要なので、まあ少しは良いかな。

まあ色々考えた割には、実際にサイトを構築し始めてから、一度基本的なカテゴリ区分を変えてますが。

最初は、床・巾木・壁・天井など、建築の納まり部位別にカテゴリ分けをすることにしました。

ちょっと記事の数が多くなりそうな気がしましたが、それはどんな分け方でも一緒だと思ったらそうじゃなかった。

床納まりの記事だけで結構な数になって、目的の納まりを探しにくい状態になってしまいました。

これではちょっと煩雑過ぎるので、床も仕上げ材ごとに分けるとか、そういう区分で今は管理をしています。

「床-タイル」とか「床-カーペット」とか。

少しはこれで整理出来そうです。

今回は床や巾木や壁など、それぞれの仕上げについて、概要を簡単に説明をしてみたいと思います。


■床仕上

床仕上げ材の種類は色々とありますが、すぐに思い浮かぶのはなんだろう……石の納まりとかタイルの納まりですね。

床タイル仕上はこんなイメージ。

 

床タイルのイメージ

 

床の仕上げ材は、先ほど挙げた石とかタイルの他にも、カーペットや塩ビシートなどがあります。

これはかなり身近な仕上げ材で柄も様々ですが、カーペットだと大体こんなイメージになります。

 

カーペットのイメージ

 

これらの床仕上げ材は部屋のグレードや、どんな目的の部屋なのかによって決めたりと色々です。

床仕上げ材の特徴はその材質によって様々ですから、その場所にあったものを選定する必要があるんです。

エントランスホールなどのメイン部分であれば、外部に面しているからカーペットは避けるとか。

見映えがあまり良くないからビニル床シートは避けて、グレード感のある石を採用するとか。

まあこれは床だけに言える話ではありませんが、仕上げ材の特色と部屋の用途の組み合わせは非常に重要になってきます。

 

■床下地

また、そうした床仕上げ材の下地としては、基本的にコンクリートが採用されることになります。

これは当然のことですが、床には人や家具などの荷重がかかってきて、その力に長期的・短期的に耐えられる強度が必要なんです。

そうすると、施工性や経済性などを考えて、大抵の場合はコンクリートが選ばれることになります。

床仕上げ材というのは、コンクリートの上に材料を貼っていく、みたいなイメージになる訳です。

だから、床仕上げ材が何になるかによって下地のコンクリートレベルが変わってくる、という事です。

こうしたコンクリートのレベル検討が、床仕上げの納まりを検討する上で重要な要素になってきます。

基本的にあまり複雑なものではありませんが、防水が必要だったりする場合もあって、検討項目は結構多いんじゃないかと思います。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ