床仕上げ材と床下地を考える


このカテゴリでは、これから床の納まりを色々と取り上げていく前に、納まりを検討する際のポイントをまとめておきます。

床仕上げ材には様々な種類があります。

それら色々な床仕上げ材のパターンについて、これから細かく紹介していこうと思っています。

しかしその前に、まずはどんなところを押さえておかなければいけないのか、という基本を知っておくべきだと思います。

当サイトで全ての仕上げ材について取り上げられるかというと、正直言って物量的にあまり自信はありません。

それでも、基本的な納まりについての知識を掴んでおけば、後はいくらでも応用が出来ると思っています。

納まりのポイントを先に取り上げておこうと思うのはその為です。

建築仕上げ材というのは、ずっと同じような定番の商品もありますが、新しい商品が開発されて納まりが変わることもあります。

だから全部の納まりをここで書くことは難しいですし、説明をする私自身も、全部の仕上げ材を経験している訳ではありません。

でも、基本さえ押さえておけば大丈夫、ということで、まずこのカテゴリーではそのあたりを色々と書いていきます。


■下地を考慮しておく必要性

床の仕上材は部屋の用途やグレードによって様々。

そして、その床仕上げ材を施工する際に「どこに取り付けるのか」という、下地に関しても結構色々な種類があります。

仕上げ材が何になるかが決まれば、その納まりを検討して下地が決まる、という流れになる訳です

なので、床の納まりについては、下地などいくつかのポイントを最初からしっかりと押さえておくことが必要です。

これは「必要」という言葉で表現して良いのかと悩んでしまうくらい、非常に重要なこと。

これは床納まりだけの話ではありませんが、一般的な部分は簡単な納まりだけど、複雑な納まりになる部分も多数あります。

そんな中で、どんな床仕上げ材を選択したのか、どんな下地を用意しておけば良いのかなど、検討すべき部分は多いです。

それを怠ると、後で「下地をこうしておけば良かった……」ということになって、後から苦労することに。

まあこれは壁でも天井でも同じなんですけど、その中でも床仕上げだけは、極力早めに検討しておく必要があるんです。

 

■床だけ早めに検討する理由

壁でも天井でも、仕上げ材の選定によって納まりが変わり、納まり検討が必要になってくる部分はあります。

その中にあって、どうして床仕上げの納まりだけは、出来るだけ早い段階での検討が必要なのか。

これは単純な理由で、どんな下地が多いのかと、工事の順番がどうなっているのかを考えると自然とそうなるという話です。

もう少しシンプルに書くと……

・床の下地は基本的にコンクリートである

・工事の序盤にコンクリートを打設する

・後でレベルを変えるのは非常に大変

・だから早めの検討が必要

という事になります。

床の場合は下地が割と工事工程の序盤に決まってしまうので、事前の検討をしておかないと、後が大変。

まあ簡単に「大変」とかで済む話でもないので、建築のプロならば事前にしっかりと検討をしておきたいものです。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ