床仕上げ材の代表的な例

建築の納まりを検討する中で、床仕上げについては出来るだけ早めに検討しておく必要があります。

そんな話を前回はしました。

床下地というのは人が上に載るという性質から、どうしてもコンクリートで施工をせざるを得ない部分。

だから早めの検討が必要で、それは単なる床コンクリートのレベルだけの話ではありません。

例えば最近多い鉄骨造の場合には、床コンクリートのレベルを下げるということは、鉄骨梁のレベルにも影響を与えます。

そうなると、鉄骨梁を下げるということは、取り合う柱のダイアフラムに影響を与えてしまうということ。

まあ詳しい話は後で図を交えて説明しますが、床コンクリートのレベルを変えるのは結構大変なことなんです。

RC造であればもう少し楽ですけど、それでも鉄筋の納まりなどを考えると影響が少ないとは言えません。

ちょっといきなり複雑な話から始めてしまった気もしますが……

まずは手始めに、代表的な床仕上げ材にはどんなものがあるのかを、簡単にではありますが紹介してみましょう。


■タイルカーペット

基本的に床というのは「コンクリート下地に仕上材を貼る」パターンが結構多くなります。

というか、ほとんどと言っても良いくらいの割合かも。

例えば、コンクリートスラブを打設した上にタイルカーペットを貼ったり、塩ビシートを貼ったりという納まり。

ちなみに、タイルカーペットを貼るとこんな感じの床になります。

 

タイルカーペットの施工例

 

これはオフィスとかホテルなどで見かける床仕上材で、市松模様みたいに見えるのは大抵タイルカーペットです。

一般的すぎてあまり意識しないかも知れませんけど、それだけスタンダードになっているとも言えるかも知れませんね。

 

■ビニル床シート

あとはメジャーな床仕上げ材としてはビニル床シートがありますが、ビニル床シートの場合はこんなイメージ。

 

ビニル床シートの施工例

 

これもよく見かける床仕上げ材で、こうした仕上げ材は基本的にコンクリートの床に接着剤で貼る納まりになります。

タイルカーペットに較べてやや薄い仕上げ材なので、下地のコンクリートをどうするか悩む場合も時々あります。

 

■床タイル

最後の例は床タイルで、これは非常にカッコイイ仕上げ材で、イメージはこんな感じになります。

 

床タイルの施工例

 

床タイルの固定方法はカーペットとは少し違って、モルタルやセメントペーストで下地の床コンクリートに接着という納まりです。

タイル自体の厚さもあるので、タイルカーペットやビニル床シートとは少し納まりの考え方が変わってきます。

しかし当然ですが、タイルカーペットの床レベルと同じになっていないと、微妙な段差で躓いて危険です。

このあたりを考えて、下地をどうしておくかを決めることが、納まりを検討するということだと言えるでしょう。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ