床仕上げ材の厚みを調べてみる

前回は床仕上げの納まりポイントについて簡単に説明をしましたが、今回はその続きです。

・床下地はコンクリート

この項目だけしか前回は説明出来なかったので、今回は以下の点についても考えてみることにしましょう。

・仕上材の厚みは材料によって様々

・床を貼った後で段差になるのはNG

・コンクリートは工程の序盤になる

・だから事前にきちんとした検討が必要


■仕上材の厚みは材料によって様々

仕上材によって厚みが違うというのは、以前タイルカーペットとか床タイルを紹介した時に少し触れました。

仕上げ材ごとに材質や特徴が違う訳ですから、厚みも違うというのはある程度仕方がないことです。

先ほど例に出たタイルカーペットなら6~8mm程度。

 

タイルカーペットの断面

 

タイルなら9mm~20mm程度。

 

タイルの断面

 

一番厚みが少ないのは、ビニル床シートで2~3mm程度という感じで、材質によって色々です。

 

ビニル床シートの断面

 

■厚みは統一出来ない

無理に仕上げ材の厚みを3mmとかに統一することは出来ないし、統一する意味もありません。

だって、3mm厚のタイルとか石とかを作っても、人が乗ったらすぐに割れてしまいますから。

そんな仕上げ材があっても、きっと誰も見向きもしないと思います。

その逆も同じで、例えば12mmのタイルに合わせて他の床仕上げ材を統一しても、あまり良いことはありません。

12mmのタイルカーペットとかを作ると、かなり豪華すぎて価格が跳ね上がってしまいます。

コストも仕上げ材選定の重要な要素ですから、誰もそんな高額な仕上げ材は使わないでしょう。

どちらも現実的ではないので、まずは仕上げ材の厚さは色々とあるんだ、という認識を持つしかありません。

また、タイルや石の場合には、材料の厚みにプラスして、施工する為に必要な寸法も存在します。

塩ビシートやタイルカーペットなどは接着剤で貼りますが、石をコンクリートに直接接着剤で貼ることは出来ません。

と言うことで……

・材料の厚みを知ること

・どうやって施工するのかを知ること

床の納まりを考える際には、これらの要素をしっかりと知っておく必要がある、ということですね。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ