ビニル床タイルとは何か

このカテゴリではビニル床タイル、いわゆる「Pタイル」と呼ばれる床仕上材を取り上げていきたいと思います。

Pタイルというのは「プラスチック系のタイル」という意味で、元々はタジマが取り扱っている床材の商品名です。

商品名がその内一般的な呼び方になることは結構ありますが、Pタイルのそのパターンになります。

主に硬質塩ビ系の床材がタイル状になっているものを指して、Pタイルと呼ぶことが多いです。

ただしPタイルという呼び方は正式なものではない為、建築系の図面ではあまり登場することはありません。

もちろんその言葉で相手には通じますけど。

それでも、建築系の図面に出てこない言葉で説明をするのも良くないので、ここではPタイルではなくビニル床タイルと呼ぶことにします。

ビニル床タイルが持っている仕上材としての特徴、大まかにはどんな種類があるか、どんな納まりが一般的なのか。

そのあたりの話を順番に説明していきます。

まあ納まりは前回のカテゴリで取り上げた、床塩ビシートと同じような状態になるんですけど……

床塩ビシートにはない、コンクリートスラブを下げておくようなパターンもあるので、ついでに覚えておくと良いんじゃないかと思います。

今回は手始めに、ビニル床タイルの大まかな区分について簡単に説明をしてみることにします。


■手始めに考えること

ビニル床タイルには幾つかの区分があり、どんな床材を採用するかを検討する際には、その分類も考慮する必要があります。

まあ実際の見た目はそれほど変わらない、というかほとんど変わらない状態になるんですが。

なので、そこを詳しく知っておく必要があるのか、というのはかなり微妙な気もしています。

知っておいても利用する機会がない知識というのは、いつの間にかに忘れてしまうものですから。

それならば、もっと利用価値のある知識を仕入れておいた方が、効率が良いんじゃないか。

と、そんな気もしますけど、何事も知らないよりも知っておいた方が有利だというのは事実です。

いつか忘れてしまうかも知れませんが、ここではあえてビニル床タイルの分類について説明をしてみようと思います。

私もこのあたりの知識が曖昧になっているので、調度良い機会なので頭の中を整理しておこうかな。

 

■ビニル床タイルの区分

ビニル床タイルには幾つかの区分がありますが、大きく分けると以下のような感じになります。

・ホモジニアスビニル床タイル

・コンポジションビニル床タイル

・置敷ビニル床タイル

なんだか変な表現というか、長いカタカナなので、覚える気力が湧いて来にくい名前ですね。

これは英語から来ているのか、ということで調べてみると、以下のような意味合いになっています。

ホモジニアス:同種、同質、均質な状態

コンポジション:構成、組み立て

なんだか分かったような分からないような、微妙なニュアンスの言葉で結局惑わされてしまいそうです。

もう少し詳しい話は次回に続きます。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ