JIS改正後の表現にするか

前回はビニル床タイルの区分として、以下のような分類がある、という話を取り上げてみました。

・ホモジニアスビニル床タイル

・コンポジションビニル床タイル

・置敷ビニル床タイル

最初にこの名称を聞いた時から、ちょと分かりにくいよな……と思っていましたが、いまだに慣れません。

私と同じように感じる方も結構いるんじゃないかと思います。

が、実はこの表記、JISの改正によってこれを書いている今現在既に変わっているんですよね。

昔はホモジニアスビニル床タイルだった床材は、今では単層ビニル床タイル服装ビニル床タイルに分類されています。

新旧比較表みたいなものがあるので、床材メーカーのサイトにリンクをしておきますが……結構複雑です。

タジマのビニル床タイル新旧比較表

新旧の呼び方が比較形式で記入してくれているんですけど、これを完全に理解するには時間がかかりました。

やっぱりどう考えても分かりにくいんですよね。

ということで、今回も引き続きビニル床タイルの分類についての話をしてみたいと思います。


■改正後もイマイチ……

ホモジニアスビニル床タイルという表現が見直され、単層ビニル床タイルと複層ビニル床タイルに細分化された。

そこまでは良いんですけど、元々コンポジションビニル床タイルは単層ビニル床タイルなんです。

その名称はコンポジションビニル床タイルのまま残っている状態で、あまり分かりやすくなったとは思えない。

そう感じるのは私だけでしょうか。

単層ビニル床タイルと、単層だけどコンポジションビニル床タイルと呼ばれる床材の違いは何なの?

と、そんな疑問が出ますが、これは後で説明することにして、まずは表現の問題を片付けておきましょう。

2010年のJIS改正によって、ビニル床タイルの大きな区分と呼び方が変わった訳ですけど……

タジマや東リなどの床材メーカーのサイトを調べると、まだホモジニアスビニル床タイルの表記が残っています。

うーん……結局はどっちが分かりやすいのかがハッキリしませんね。

 

■どちらの表現を使うか

新旧のどちらが分かりやすい表記なのかを考えると、正直どっちも分かりにくいというのが私の感想です。

だけどこれは私が考えるべきことではないので、どんな呼び方をするのかは世間一般に合わせるしかありません。

そうなると、床材メーカーの表記に合わせておく、というのが今は無難なのかも知れませんね。

ということで、しばらくはこの表記で通じるんじゃないかと思い、あえて改正前の表記で説明していくことにします。

ホモジニアスビニル床タイル?なにそれ……みたいな状況になったら、改めて説明に手を加えれば良いんじゃないか。

ちょっと呑気かも知れませんが、一般的な表現で説明をするのが一番だと思うので、当サイトはこの方針で進めることにします。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ