コンポジションビニル床タイルの特徴

ビニル床タイルの大きな区分である、ホモジニアスビニル床タイルと、コンポジションビニル床タイル。

これらが具体的にどう違うのか、という話を前回は考えてみました。

バインダーの含有率とか、そういう難しくてピンと来ない数値よりも、単層なのか複層なのかの方が分かりやすいですよね。

でも今のJISでは、コンポジションビニル床タイルと、単層ビニル床タイル、そして複層ビニル床タイルに分かれています。

コンポジションビニル床タイルも単層の構成になっていますが、バインダーの含有率30%未満かどうかで呼び方が変わります。

当サイトではJIS変更前の呼び方で説明する、とは言いましたが、変更後でも結局バインダーの含有率が出てくるんですね。

まあこのあたりの区分については、別に必要がなければ無理に覚えることはないと思います。

必要なければ自然と忘れていくし、必要であれば何度も使う事になって自然と覚えておくだけです。

それよりも、それぞれの商品が持っている特徴を知ることの方が大事。

ということで、今回はビニル床タイルが持っている特徴にはどんなものがあるのか、という部分を考えてみたいと思います。


■コンポジションビニル床タイルの特徴

ビニル床タイルの特徴は、コンポジションビニル床タイルとホモジニアスビニル床タイルで若干違います。

それほど大きく変わる訳ではありませんが、単層か複層かで少しだけ特徴が違うので、分けて考えましょう。

まずはコンポジションビニル床タイルの特徴から箇条書きをしてみると、こんな感じになります。

・比較的安価

・単層である為摩耗しても柄が変わらない

・材料として安定している(変形が少ない)

・汚れや水分を吸いやすい

・柄や色のパターンは豊富

・意匠性はあくまでもスタンダード

結構いい部分ばかりですけど、だからこそ様々な部分で採用されているのだと思います。

 

■普通の床材が求められる部分

コンポジションビニル床タイルは、良くも悪くも標準的な仕上材という特徴を持っています。

安価で安定していて、柄や色などの選択肢も多く、性能としては優れているけれど、普通の床材。

そんな感じですね。

もちろん「普通」という表現は決して悪い意味ではなく、いい意味で普通の床材と言えるんじゃないかと思います。

様々な特徴を持った床材があって、その中から設計者がどんな仕上げをするのかを検討する訳です。

そうした選択肢の中には、出来るだけ多くの特徴を持った仕上材があった方が良いに決まっています。

例えば高級感のある床仕上材ばかりだと、特にそれを求めていないような場所をどんな仕上げにするか困ります。

だから、いわゆる「普通」の床仕上材も必要になる訳で、コンポジションビニル床タイルはそんな仕上材のひとつになります。

使用されるのは、病院とかショッピングセンターの通路などが多いですが、大抵の場所にマッチする仕上材だと思います。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ