カーペットが持つメリットとは

カーペットはどんな素材で作られているのか、そしてそれぞれの素材にはどんな特徴があるのか。

前回はそのあたりの話を簡単に取り上げてみました。

個人的な感想では、何となくウールのカーペットが高級な感じがして、良いイメージがあります。

どうしても「自然素材」というだけで、それ以外の要素を考えずに良いイメージを持つ傾向にあります。

もちろん良い仕上げ材は値段が高額になる傾向にあるので、高級な床仕上げ材だけに目を向ける訳にはいきません。

部屋の用途は目的によっては、仕上げ材のグレード感よりもコストパフォーマンスを優先する場合もあります。

というか、そういう場合の方がもしかしたら多いかも知れません。

コスト感覚を無視した仕事というのは、現実味が全然なくて、最終的にはあまり役に立たないものになってしまいます。

そうならないように、カーペットも含めて様々なグレードの床仕上げ材について知っておくことをお勧めします。

さて、今回はそのあたりの話を踏まえつつ、カーペットという床仕上げ材にははどんなメリットがあるかを考えてみましょう。


■カーペットの特徴


カーペットという床仕上げ材には色々な特徴がありますが、メリットと考えられる要素は結構多いです。

これは私の個人的な意見ではありますが、そういう意味で、カーペットはなかなかお勧めの床仕上材ではないか。

そんなことを思っています。

ネックはやや高めの価格ですが、ハイスペックのものを安く入手することはなかなか出来ないので、ある程度は仕方がありません。

価格が高いという点は、床仕上げ材を選定する際に結構大きな問題点になる場合が多いです。

と、そのあたりのデメリットについてはもう少し後で書くことにして、まずはメリットから紹介していきます。

床仕上げ材としてカーペットを採用した場合……


・歩行時でも音は静か

・足が温かい

・衝撃が直接足に響かない

・高級感もある


というような特徴を持っているので、まずはその特徴をしっかりと掴んでおくことをお勧めします。

表面仕上げがカットパイルでもループパイルでも同じで、基本的にカーペットの素材は柔らかいです。

当然床仕上げ材としてのメリットも、そうした素材の柔らかさを生かしたものになっています。

軟らかくて暖かみがある仕上げ材というと、私も真っ先に思い浮かべるのはカーペットになると思います。

特に住宅やホテルの部屋など、靴を脱いだ時に過ごす部屋では、柔らかさが非常に優れた特徴となってきます。

クッション性のある床で歩いても静かというのは、住宅などではかなり大きなメリットと言えるでしょう。

グレード感も充分にあって、それでいて温かみがあるカーペットは、やはり非常に優れた仕上材ではないでしょうか。

すみません、話が長くなってしまったので、続きは次回にします。

 

関連記事

  1. 床-カーペット

    カーペットの基本納まり断面図

    床仕上げ材のひとつ、カーペットが持っているメリットとデメリットにつ…

  2. 床-カーペット

    カーペットの素材による違いとは

    前回は床仕上材のひとつ、カーペットを取り上げて、まずは幾つかの種類…

  3. 床-カーペット

    カーペットの種類とその特徴

    床仕上げ材としてのカーペットはタイルカーペットと何が違うのか、とい…

  4. 床-カーペット

    カーペットについて考える

    前回のカテゴリでは、床仕上げ材としてかなり一般的なタイルカーペット…

  5. 床-カーペット

    カーペットのデメリットを考える

    カーペットの特徴とかメリットなど、カーペットについての話がかなり長…

スポンサードリンク




最近の記事

  1. 建物に求められるバリアフリー

    床-納まりのポイント

    床仕上げは基本的にバリアフリー
  2. 壁のイメージ

    納まりの区分け

    壁納まりの概要について
  3. それぞれの部署で調整が必要に

    設計変更が与える影響

    意匠と構造と設備の関連
  4. カテゴリ区分の考え方

    はじめに

    カテゴリ区分の基本ルール
  5. 外部窓の一例

    納まりの区分け

    その他の納まり要素について
PAGE TOP