コンクリートスラブのレベル検討

床タイルの納まりを検討する際に、考えておくべきポイントにはどんなものがあるのか。

そんな話を前回は取り上げて、以下のような項目を紹介しました。

・下地コンクリートスラブのレベル

・製品によるサイズの違い(厚さ・大きさ)

・シート貼りの有無について

・目地の巾について

・実際のサイズと目地込みのサイズ

・タイルの割付をどうするか

・水勾配があるかどうか

耐摩耗性や耐水性などの特色を持っている為、室内だけではなく屋外にも使われる床タイル。

だからこそ気をつけるべきことは結構多いので、何も考えないままにしておくと後で大変な苦労をする事になります。

それでは仕事をしていてツラすぎますから、出来れば床タイルをすんなりと納めたいところです。

ということで、床タイルを採用するにあたって気をつけておくべきことについて、それぞれもう少し細かく説明をしてみることにします。


●下地コンクリートスラブのレベル

ビニル床シートと違いタイルには厚みがあって、なおかつタイルを固定するためのスペースも必要です。

コンクリートスラブに直接接着剤で固定していければ、納まりとしては非常に楽なんですけどね。

基本的に床仕上材は常に踏まれるものですから、あまり薄いタイルだとすぐに割れてしまうんです。

だから床タイルには最低でも9mm前後の厚みがあります。

そしえ、それにプラスして必要な施工寸法があるので、下地のコンクリートはそれを踏まえたレベルである必要がありあす。

具体的な数値としては、床タイルを採用する部分の床コンクリートは、最低でも30mm、通常は50mm程度下げておきます。

スラブを下げないで、ビニル床シート仕上の場所と同じコンクリート天端とした場合はどうなるかというと……

当たり前の話ですが、仕上材の厚みが違うために床仕上レベルが変わってしまうという状態になります。

まあそんな状況は建物としてあり得ないので、床仕上の天端が揃うことを前提として考えていく訳です。

床タイルの基本納まりはこんな感じになります。

 

床タイルの一般的納まり

 

床スラブを下げ気味に施工しておき、床タイルを施工する際に「敷きモルタル」でレベルを調整する。

そしてセメントペーストや貼付けモルタルによってタイルを貼っていく、という流れになります。

ちなみに、敷きモルタルは「バサバサモルタル」とか「バサモルタル」、もっと短くして「バサモル」と呼ばれることもあります。

ただ「バサバサモルタル」は実際使うと結構恥ずかしい気がするので、私は「敷きモルタル」か「バサモル」と呼んでいます。

バサバサモルタルとは、水分の少ない状態のモルタルで、まあ何というかバサバサしたモルタルのことです。

ちょっとストレート過ぎて口にするのが恥ずかしい……と感じるのは私だけでしょうか。

敷きモルタルが硬化していない場合はセメントペーストを使用し、硬化している場合は貼付モルタルを使用します。

床タイルの施工方法は微妙に違ったやり方がいくつかありますが、基本的には上記のような納まりがほとんどです。

次回は敷きモルタルを使わない納まりも紹介しておこうと思います。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ