タイル割付図とは何か?

床タイルというのは、実際のサイズとカタログに記載されている「100角タイル」の数値が微妙に違います。

なぜそういう事になるのかというと、目地の巾を考慮したサイズで表記されていることがほとんどだからです。

例えば100角タイルならば、実際のタイルは96mmで目地巾が4mmで、合わせて100mmになるとか。

そういうパターンが多いので、納まりを検討する際には勘違いをしないように気をつけたいところです。

こうしたタイルのサイズを気にするのは、タイルには基本的に「割付」というものが存在するから。

きちんとした割付図を作図する為には、タイルのサイズと目地の巾を正確に把握しておく必要があるんです。

きっちりと割り込むかどうかは別の話として、おかしくない程度にはしておく必要がある、ということです。

今回はそのあたりの「タイル目地割付」について、簡単にではありますが、説明をしてみたいと思います。


■サイズによる目地位置の検討

タイルには製品ごとに決まったサイズと厚さがあります。

施工方法によって微妙な違いはありますが、まずはコンクリートスラブのレベルを検討する際に、タイルの厚みを考慮していきます。

次に平面的な話になって、決められた大きさのタイルとどのように貼っていくのかを検討していくことになります。

タイルの目地は結構目立ちますから、変な位置に目地が入ってくるのは意匠的に良くないんです。

なので、壁と壁の間でタイルがきっちり貼ってある状態が、タイルとしては理想ということになります。

まあそこまで厳密にやるのは難しいし、頑張った挙句にタイルが変わる可能性もあるので、あまりやらないですが。

少なくとも、壁際に小さなタイルが入る形にならない、変な位置に目地が入らない、という計画をする必要はあります。

そうした納まりのポイントがあるので、タイルのサイズと目地の巾を細く気にしていたんです。

 

■タイル割付図のサンプル

もう少し具体的な例を出すと、例えばこういう風除室があって、その床が300角タイルだったとします。

 

風除室の平面図

そうすると、風除室にどうやってタイルを貼れば綺麗に納まるかを、タイル割付図で検討する事になります。

これは設計側が作図するのではなくて、施工側が作図する種類の図面になりますが、こんな感じです。

 

タイル割付図の例

CADで作図をする場合には、実際のタイルをそのまま書き込んでいった方が分かりやすいです。

ただし、この描き方をしてしまうと、変更になって修正が必要になった時に結構面倒になるという欠点があります。

目地の中心位置を1本の線で表現した図面の方が、図面もシンプルになって見やすいというメリットがあります。

ただしこの描き方だと、特に端部で実際のタイルサイズが分かりにくい状態になってしまいます。

まあどちらも一長一短があるので、自分の好みで作図しても良いんじゃないかと私は思っています。

この「好み」ってやつも時間の経過で変わったりするので、ここで「正解はコレです」みたいなことを書くのは難しいですね。

ちなみに上図ではタイルの大きさをそのまま記入しているので、目地がダブルラインで表現されて、結構太く見えています。

個人的にはこっちの方がしっくりくる感じですが、まあどちらでも相手に伝わるので大丈夫じゃないかな。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ