床タイル割付と壁位置の関係

前回は床タイル割付図について説明をして、サンプル図面を少し作図して例として出してみました。

こんな図面ですね。

 

タイル割付図の一例

X方向は壁の中心を基準に、Y方向は出入り口の中心を基準にして、小さいタイルが入らないようにした。

そんな方針で割付をしただけですから、このサンプル図面はタイル割として良く検討されているとは言えません。

ただ、今回のような割付の方針でタイルを貼ってるな、と思うような場所は実際によく見かけます。

私としてはこれで全然OKだし、この風除室を通る人の99%はタイルの目地位置を気にすることはないと思います。

前回「目地は目立つ」と書きましたが、目立つと言っても気にする人には目立つ程度の話なんです。

まあ「誰も気にしないから良いです」では、デザインとしてどうなのか、という話ですけどね。

今回はそんな割付について、細かい調整をするのかも含めて、もう少しだけ考えてみることにします。


■壁位置を調整する?

床タイルの割付をサンプル図面として例に出した訳ですが、本当はキッチリ割れている図面にした方が良かったんです。

でも実際には床タイルが綺麗に割り切れている場所なんてそれほど多くないので、現実に近い図面を例に出してみました。

あまり一般の方は床タイルの割付を気にしないので、そこまで厳密に床タイルを割っていく必要はない。

個人的にはそう思っています。

しかしこうした感覚は人によって違うので、私がこれでOKだと思っても、そう思わない人もいるというのが難しいところ。

もちろん私だってキッチリとタイルが納まっている方が良い、というのは分かっています。

ただ、タイルの納まりだけの為に壁を動かすのかを考えると、そこまではやらなくて良いだろうと思うだけの話です。

先ほどの例で言えば、こんな感じに壁を移動して、タイルが綺麗に並ぶようにするということ。

 

壁位置調整後

まあY方向のタイル割はこれで完璧ですけど、少なくとも風除室もその隣の部屋も確実に狭くなりました。

これは非常に安易なタイル合わせですから、もう少しやりようはあるとは思いますけど……

床タイル割付の為にそこまでするかかどうか、という話は結構大事な問題だと思います。

 

■もし自宅だったら

これは例えばの話ですが……

もし私が自宅を建てることになって、設計を自分でやったとして、玄関の床をタイル貼りにしたとします。

自分でプランを考える訳ですから、当然色々と使い勝手などを考えて、壁位置は細かい数値で調整をするでしょう。

それが施工段階になって、施工者から「タイルのサイズにあわせて10cm壁を動かしましたよ」と言われたらどう思うか。

まあその場になってみないと分からないことですけど、間違いなく元に戻させると思うんです。

もちろんこれは自宅の敷地が狭い場合の話で、建物のスケールによって話は違うとは思いますが。

少なくとも自分の家でそれをやられたら、床タイル割りなんて全然気にしないから良いよ、と言うでしょう。

床タイルに半端が入っていない状態を作ることは、確かに意匠的に考えると良いことだとは思います。

だけど、壁を動かしてまでタイルに合わせるとか、そこまで重要なことではないと私は思ってます。

全員が同じ考えだとトラブルは少なくなるんですけど……そうならないところが面白いところでもあるんですよね。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ