外壁に求められる性能と区画壁


このカテゴリで解説する壁にはどんな分類があるのか、というテーマで前回は簡単に分類を紹介してみました。

・外壁

・区画壁

・間仕切り壁

上記の項目が壁の種類による分類で、以下の項目が材質による壁の分類ということになります。

・RC壁

・ALC壁

・押出成型板

・LGS壁

・木下地壁

壁の種類と材質を組み合わせることで、その壁がどんな仕様になっているのかがある程度分かります。

例えば「外壁のRC壁」とか「区画壁のLGS壁」とか、まあちょっと「壁」という言葉がダブってますけど……

こうした分類で壁の仕様を区別することが出来るんです。

ただしこれは、私が解説をする上でなるべく解説しやすいように、という目的でやっているもので、建築業界の公式見解という訳ではありませんが。

まあ壁の種類を知る為の分類としてはまずまずなので、こうして覚えるのも良いんじゃないかと思います。

今回からは、それぞれの壁仕様について、簡単にではありますが解説をしていくことにします。


■外壁

これはもう読んだままでこれ以上の解説は要らない気もしますが、外部と建物の間にある壁を外壁と呼びます。

建物を構成する壁の中で、最も重要度の高い壁で、建築の納まりを検討する際に最も気を使う壁でもあります。

外部と建物内部を隔てる外壁というのは、意匠性や性能など、求められるものが非常に多いんです。

そうした項目の中で、最も守らなければならない性能というのは、室内に水を入れないこと。

これが外壁に求められる最大の性能になります。

いくらデザインに優れた外壁であっても、雨の日に水が漏れてくるようではせっかくのデザインも台無しです。

最初は格好良くても、すぐにその水が原因で内側にカビが生えてきて、デザインなどと言えない状態になるはず。

そんな建物は誰も喜ばないので、まずは室内側に水を通さない性能を持った外壁、ということを覚えておきましょう。

■区画壁

外壁といのは外部と室内を区分する為の壁、という話を先程はしましたが、それ以外の壁は基本的に「内壁」と呼ばれる壁になります。

内壁の中にも色々な区分がありますが、大まかな分類として挙げられる仕様に「区画壁」があります。

建物の規模などによって色々と条件は決まってきますが、建物の中には、火事の際に火を遮断する性能を持った壁が必要になります。

それが「区画壁」というもので、区画壁が必要な部分などは建物の規模や用途によって変わります。

こうした区画壁は、建築基準法によって定められているものなので、設計時・施工時共に気を使わなければならない壁だと言えます。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ