ALC壁の特徴とは

建物を構成する壁、そしてその壁を構成する材料による違いについて前回は考えてみました。
鉄筋コンクリートで出来ているRC壁の特徴について話をしている中で、なぜか途中から自分の経験談に変わって話が進んでしまいましたが…
RC壁が持っている特徴やメリットなどについては掴めたのではないかと思います。

RC壁は建物を構成する壁としては申し分ない性能を持っているので、採用する機会もかなり多くなってくるのではないかと思います。

建物の構造にはフレームがどのような材料で出来ているかによっていくつかの種類があり、その中のひとつに鉄筋コンクリート造(RC造)があります。
RC造では柱と梁と床という建物の構造体を鉄筋コンクリートでつくっていくことになりますが、その場合外壁はほぼ間違いなくRC壁で構成されることになると思います。

そう考えると、RC壁を取り扱う頻度は結構高めになるかも知れません。

RC壁はどうしても重くなるし、中に鉄筋を入れる必要があるため壁厚が大きくなりがちという特徴を持っています。
そのため、RC壁を多用すると建物が重くなってしまうことになり、さらに壁が分厚いので部屋の有効面積が少なくなってしまいます。

そのあたりの特徴を考えていくと、建物全部の壁をRC壁にするというのは、重量的・スペース的・コスト的に避けた方が良いということに。
もちろん出来なくはないですけど、その建物は間違いなく使い勝手が良くないので、RC壁はその性能が求められる部分にだけ採用する、というバランス感覚が重要になってきます。

さて、RC壁についての話はこのくらいにしておき、引き続き違う壁の仕様についての説明を進めていくことにしましょう。
RC壁の次ということで、今回取り上げるのはALC壁です。

RC壁がRC造の建物で多く採用される壁種であることに対して、ALC壁はS造の建物で多く採用される壁です。
そんなALC壁の特徴を今回は取り上げてみることにしましょう。


■ALC壁

今回紹介するのはALC壁で、想像出来るのは「ALCで構成されている壁」ということではないかと思います。
だけどその前段階の話として、そもそもALCというのは何? という問題があります。

これはRC壁について説明をした際には全く取り上げなかった話ですが、今回はそうしたそもそもの話から入っていくことにします。
ALCというのは、長い名称で呼びにくいし覚えにくいので、それぞれの頭文字を取って簡略化された呼び方なんです。

これは結構よくある名前の付け方ではないかと思います。
どんな名称の頭文字を取っているのかというと、以下の言葉になります。


AUTOCLAVED(オートクレーブ養生)

LIGHTWEIGHT(軽量)

CONCRETE(コンクリート)


これらの頭文字を取って「ALC壁」という表現になっていています。
ちょっとよく分からない言葉が入っているかも知れませんが、何となくイメージは伝わるのではないかと思います。

つまり「オートクレーブ養生された軽量コンクリート」ですから、オートクレーブの意味はさておき、コンクリートの壁ということなります。
ただRC壁と決定的に違うのは、ALCが工場で製作される製品だということ。

コンクリートは現場に生コンを運んで型枠に流し込み、硬化するまで待つという手順でつくっていくことになります。
しかしALCは工場で既に出来上がっているものを現場に運ぶんです。

この違いはかなり大きいです。
ALCの外見はこんな感じの製品になっています。

ALCの外観イメージ

ちなみにオートクレーブ養生というのは何かというと、内部の圧力を高めた装置の中で養生することを意味しています。
圧力が高い場所で養生されるとどんな効果があるのか…と、考えていくとキリがないので、そのあたりの話は深く掘り下げないことにします。。

ALC壁というとあまりピンと来ないかも知れませんが、「ヘーベルハウス」という言葉は時々CMをやっているので知っていると思います。
「ヘーベル」は旭化成建材が販売しているALCの商品名で、要するにヘーベルハウスはALCを用いた一戸建てということになるんです。

そんなALC壁の特徴としては、以下のようなものが挙げられます。


・コンクリートに比べると軽い

・規格品を工場で制作出来る(から工事が早い)

・比較的加工しやすい

・内部に気泡が多く含まれる為、断熱性能が高い

・耐火性能もある

・デザイン性を重視した製品もある

・とは言っても、高い意匠性とは言い難い


と、こんな感じですね。
3階建くらいのマンションで、あまりデザインに凝っていない建物を見ると、かなりの確率で外壁はALCになっている気がします。

これは別にALCを悪く言っている訳では全然ないです。
多く採用されるということはつまり、それくらい手軽で性能も高く、コスト的にも有利な材料だということなのでしょう。
こうして外壁に多く用いられるALC壁ですが、もちろん内壁にも採用されることは多いです。

ALC壁には耐火性能があるということで、防火区画壁として用いられることも多く、エレベータの周囲などでもよく使われます。
納まりはそれ程難しいものではありませんが、取り付ける為の下地が必要で、そのあたりは個別に詳しく説明をしていきます。

関連記事

  1. 押出成形セメント板

    壁-納まりのポイント

    押出成形セメント板の特徴とは

    前回は建物を構成する壁のひとつであるALC壁がどのようなものなのか、そ…

  2. 壁の一例

    壁-納まりのポイント

    一般的な間仕切り壁と下地

    建物を構成する要素の中で、このカテゴリでは「壁」について色々と書いてい…

  3. 建物の外壁例

    壁-納まりのポイント

    外壁に求められる性能と区画壁

    このカテゴリでは、建物を構成する要素のひとつである「壁」について解説し…

  4. 工場生産品は事前検討が大変

    壁-納まりのポイント

    工場で製作する際の問題点も

    前回の説明では、建物の壁種のひとつである押出成形セメント板について、そ…

  5. 木下地の一例

    壁-納まりのポイント

    木下地壁の特徴とは

    建物の内部で多く採用される壁のひとつであるLGS壁、その特徴とイメージ…

  6. まずはそれぞれの違いを知ることから

    壁-納まりのポイント

    材料毎に異なる壁の特徴を知る

    建物を構成する壁の大まかな区分がどのような感じになっているのか、そして…

スポンサードリンク




おすすめ記事

  1. 塩ビ巾木のイメージ
  2. 天井裏は設備の世界
  3. まずは人命が最優先
  4. 防火区画は建築基準法で定められている
  5. コンクリート化粧打放し仕上
  6. カーペットの清掃性
  7. 雨漏りは最も避けたいトラブル
  8. 継続が最も難しい
  9. 建物はどうしても劣化する
  10. 塗床の一例
  1. 建物を造る仕事は楽しい

    壁-下地による区分

    壁の下地によるカテゴリ区分
  2. 時間には限りがあって…

    床-納まりのポイント

    床仕上げ材と床下地を考える
  3. 天井裏まで壁があるかどうか

    壁-LGS+石膏ボード

    天井裏にも壁が必要な場合もある
  4. 白御影石

    床-石

    石の種類は色々とある
  5. 建物をゼロから考える

    図面について

    建築の図面は色々ある
PAGE TOP