押出成形セメント板の特徴とは


前回はALC壁の特徴について簡単に説明をしました。

軽くて施工性が良く、さらに高い断熱性能を持っているという、なかなか優れた建材だと私は思っています。

昔のことですが、ALCが高い断熱性能を持っているということを知らず、外壁ALC壁の内側に断熱材を吹く図面を描いたことがありました。

もちろんこれ自体が間違いという訳ではありませんが、コストを全く考えていないと叱られてしまいました。

適切な性能を適切なコストで。

こうした考え方は、設計よりもむしろ施工側の方が強く持っているんだなと、その時は勉強させてもらいました。

断熱性能というのは、室内の快適さを決める重要な要素というだけではなく、空調にかかるコストを左右する要素でもあります。

これを軽視すると、夏場には暑すぎて快適な空間とは言えなくなり、さらに冷房にかかるコストが大きくなるという状態になります。

それでは建物を使う人は喜ばないので、最初のコストがやや大きくなったとしても、断熱性能はしっかり確保しないといけません。

まあそれでも外壁ALCに断熱材を吹くべきなのかは、ちょっと微妙なところではありますけど。

さて、今回はALC壁に続き、ややキャラがかぶっている気もしますが、押出成形セメント板を紹介します。


■押出成形セメント板

押出成形セメント板、という名称はちょっと長いので、図面内に表現する時にいつも困ったりします。

xtruded(押し出された)

ement(セメント)

anel(パネル)

という頭文字からECPと表記されることもあるんですけど、ALCに比べるとあまりメジャーではない気がします。

だから図面上で「外壁:ECP」とか書くと、結構な割合で「外壁ECPってなんですか?」となってしまいます。

これでは略語の意味が全く無いので、結局は「外壁:押出成形セメント板」と表記することが多いです。

この押出成形セメント板と言うのは、もうその名前の通りですけど、セメント系の材料を押し出して作ります。

セメント・けい酸質原料および繊維質原料を主原料として、中空を有する板状に押出成形しオートクレーブ養生したパネル、という感じです。

見た目はこんな感じで、中空の構造になっていることが分かると思います。

 

 押出成形セメント板

 

押出成形セメント板の特徴としては……

・耐火性能を持った建材である

・高い耐震性を持っている

・工場で製作してくる為、工事が早い

・中空構造の為、遮音性能もある

この特徴にある「工場で作るから早い」というのは、単純に工事のことだけを考えた場合の話です。

工場で作るということは、かなり事前に寸法を決めてメーカーに発注をしておく必要があるんです。

だからこそ工事が早い訳で、納まりを検討する側としては、検討のリミットが早くなるという苦しさもあります。

それをやるのがプロな訳ですけど、時間がないというのはどんな状況でもツライものなんですよね。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ