工場で製作する際の問題点も


前回はECPがあまり通じにくい、押出成形セメント板の特徴について簡単に説明をしてみました。

ALCも同じ話が言えるんですけど、工場で制作してきて現場では取付だけをやる、というのが工期短縮のポイントになります。

現場で型枠を作って鉄筋を加工して、コンクリートをその型枠に流しこんで、強度が出たら型枠を解体する。

そうしてRC壁は作られますが、手順が多いということと、関連する業種が多岐に渡るという部分が問題になるんです。

型枠大工さんは当然型枠だけを作る訳で、鉄筋の加工は鉄筋屋さんの担当で、それぞれの作業工程を現場ではきちんと管理する必要があります。

そうしないと、壁の鉄筋を組み終わったのに、返しの型枠がまだ出来ないみたいなことに。

それではなかなか壁のコンクリートを打設することが出来ず、当然工程がなかなか進まないという話になります。

一方のALC版や押出成形セメント板は、工場で制作してきたものを専門の業者さんがどんどん取り付けていくことになります。

もちろん鉄骨に下地が仕込んであることが前提になりますけど、下地さえしっかりと出来ていれば、後はどんどん取り付けていくだけ。

様々な業種が入り乱れて施工を進めるよりも、現場はスムーズに進みやすいというメリットがあります。


■事前の検討が大変

……と、ここで書いた話はあくまでも理想的な流れで現場が進んだ場合で、まあ実際には色々な問題点があると思います。

例えば、これは以前にも同じようなことを書いた気がしますが、事前の検討が結構大変という問題があります。

工場で制作してくる訳ですから、こうした製作ものはかなり先行して検討と発注が必要になります。

工場で製作してくるから早いですよ、となる為には、その分だけ図面での検討を早くやる必要があるんです。

これは、納まりを検討する側にとっては結構キツイこと。

適当な検討で発注をかけてしまい、出来上がった製品が全部使いものにならないとか、極端なことを言うとそんな状況もあり得ます。

そうなると莫大な追加コストがかかることになってしまい、ちょっと笑えない状態になってしまいます。

私の給料をはるかに上回る金額の無駄が出ることもあるので、事前の検討は本当に大事なんですよね。

 

■発注済みでも変更はある

また、充分に検討をした後に発注した場合でも、発注以降の変更というのが発生する可能性がある、という問題もあります。

発注をかけた後で変更になったとして、図面だけはすぐにでも修正することが出来ますよね。

しかし図面を修正したとしても、それとは違う寸法のモノが今現在工場で作られている為、修正にはあまり意味がありません。

出来上がった製品を現場に持ってきたとしても、修正前のサイズになるので、きちんと納まらないという状態に。

結局は以下の選択肢の中から、色々なしがらみやバランスを考えて、どちらかを選んでやっていくしかないんです。

・変更は出来ないと突っぱねる

・諦めて新しく制作をやり直す

もちろん「もう製作をかけてるので変更は無理です」を全ての場面で押し通せれば良いんですけど……

施主の強い要望があった時に、そうしてアッサリと断るのが良いのかどうかを考えると、それが不正解の場合もあるはずです。

バランスを考えて判断するというのはそう言う意味で、サラリーマンだとそういう判断は色々とありますよね。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ