LGS壁の簡単なイメージ


前回は内壁の中で最もポピュラーな壁である、LGS壁の特徴について簡単に説明してみました。

LGS壁というのは、LGSと呼ばれる薄い鉄で出来た下地に石膏ボードを張って壁を構成するという非常にシンプルなものです。

ただ、どんなサイズのLGSを下地にするのか、どんな厚みの石膏ボードを張るのかなど、組み合わせのパターンは結構たくさんあります。

様々なパターンの中から、求められる性能やコストなどを考慮して、それぞれの部位毎に適した仕様の壁仕様を決めていく。

建物を設計する際には、そうした検討が必要になってくるので、LGS壁の仕様はある程度頭に入れておいた方が良いと思います。

登場回数が多くなることが予想されるLGS壁については、もう少し詳しく知っておく方が良いはず、と言うことで……

今回はLGS壁がどんな状態になるのか、写真を交えてもう少しだけ詳しく説明してみたいと思います。


■LGS壁のイメージ

まずはLGS壁のイメージですが、一般的にはこんな感じになります。

 

LGS壁はこんなイメージ

 

画面右側に見える黄色っぽいヤツが石膏ボードで、ボードの端部がビス止めされているのが見えると思います。

ビス止めされているところには止める為の相手が必要で、それがLGS下地という感じになっています。

これがLGS壁の基本的なパターンで、後はそれぞれのサイズや厚さや枚数が仕様によって変化してくるだけ。

まあこの仕様による変化が色々ある訳ですけど、基本的なパターンとしてはそれ程複雑ではないはずです。

ちなみに、LGSの上部に見える灰色っぽい物体は建物の構造体である鉄骨梁になります。

この建物はS造ですね。

鉄骨の下側に、LGSを固定するランナーを取り付ける為のピースが用意されているのが見えていると思います。

本体鉄骨に対して現場で溶接をするのはNGなので、本体鉄骨ではない部分に溶接が出来るように、という趣旨で板を付けているんです。

ちょっと裏側の足場で見づらい状態ではありますけど、この写真でLGS壁のイメージはこれで何となく掴めると思います。

 

■自分の目で見ることの重要性

設計をしたり図面を描いたりする仕事をしていると、こうした「実際にどんな材料で施工されるのか」が分からない場合があります。

まあ今は画像検索という非常に便利なツールがあって、画像によって知識を補完出来る場合が結構ありますが。

経験不足を解消するには、積極的に現場へと足を運び、自分の目でどうやって施工されていくかを見るしかありません。

ただ、そうやって自分の目で現場を見ることも大事ですけど、その為の下地となる知識も当然必要になってきます。

きちんとした知識を持っていて、頭では分かっているけれど実際には見たことがないんだよな……という状態になる。

そうした人が現場を見てはじめて「あ、実際にはそうなってるのか」となり、そうした経験に価値が出てくる。

そんな流れがベストですね。

これは私の個人的な考え方ではありますが、特に知識を持たずに現場を見てもそれほど効果はないと思っています。

もちろん自分の目で現場を見る訳ですから、CADを使っているよりも良い経験になるのは間違いありません。

それでも今までの経験では、単純に現場を見て「すごいですね」で終わってしまうことが多かったので。

自分の目で見たモノを貴重な経験にする為には、土台となる知識と「どうなってるんだろう……」という疑問が必要だと私は思っています。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ