表層材の下地と、その下地


壁の納まりを説明していくには、壁の下地毎に分類していくのが分かりやすいのではないか。

前回はそんな書き手側よりの話を、ちょっと自分の考え方を整理するという目的で書いてみました。

床仕上げの時にやったように、表層の仕上げ材ごとに分類すると、多分似たような説明が多くなってしまいます。

前回例に出したビニルクロスもそうですが、壁に塗装をする場合でも、下地はコンクリートか石膏ボードです。

そしてこれも前回と同じで、その石膏ボードの下地にはコンクリートやLGSや木下地などがある。

これを表層材ごとに説明していくと、表層がクロスとか塗装に変わっただけで他は同じという説明が増えてしまいそう。

と言うことで、当サイトでは下地毎の説明でひとまずは進めていくのが良いんじゃないかと考えています。

ただ、下地毎に分類すると言っても、建築の納まりには様々なシチュエーションがあって、その分類をどうするか……

ちょっとしつこい感じもしますけど、今回はそのあたりについてもう少しだけ考えてみたいと思います。


■壁は何層にもなっている

まずひとつ一般的な例を挙げてみると、コンクリート下地に石膏ボードを貼って、そこにビニルクロスを貼る場合があります。

これは一般的な納まりなので、特別に意匠的に力を入れるような部位を除くと、様々な部屋で使える仕上げです。

あまり関係ないですが、私が今これを書いている部屋も石膏ボードの上にビニルクロス貼りになっています。

これは納まりとしては結構多いパターンですが、この場合の下地は何になるのか、という話です。

石膏ボードの下地は当然コンクリートという事になりますが、ビニルクロスの下地は石膏ボードですよね。

そう考えると、この壁の下地というのはコンクリートと石膏ボードになって、二種類の下地がある壁ということに。

これが分類しにくい大きな要因ではないかと思っています。

 

■まずは表層材の下地まで

ではどうすれば良いのか、という正解は正直言って私には分かりませんが、分かりませんでは話が進みません。

なので、当サイトでは大元の下地ごとに分類をして、それぞれの納まりについて話を進めていこうかと考えています。

今回の例で言えば、大元の下地というのはRC壁、要するにコンクリートの壁という事になります。

RC壁下地というカテゴリがあって、そのパターンの中に石膏ボードを貼る納まりがあって、その表層材は様々。

と言うことで、まずは表層材を貼る為の下地を作る部分までの納まり、という考え方で説明していきます。

そうなると石膏ボードを貼るまでの納まりが一般的になりますが、石膏ボードを貼るまでの納まりにもパターンは色々です。

そこまでを覚えればあとは石膏ボードをどう仕上げていくのか、というシンプルな話になるはず。

まあ最終仕上げのパターンも様々ですから、石膏ボードを貼るところ以降も色々と考えるべきことはありますが……

一般的な表層材の挙げてみると、先ほども例に出してビニルクロスや塗装などがあります。

他にもタイルや石などの高級な仕上げ材や、性能的に必要なグラスウールマットなど、パターンは色々です。

それぞれの表層材ごとに注意しておきたい項目があるので、それはまた個別に説明をしていこうかと思っています。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ