壁下地=仕上げの場合もある


壁仕上げという表現をすると、まず頭に浮かぶのはビニルクロスやタイルなど、表面を仕上げる材料です。

しかしその表層材を貼るには石膏ボードなどが必要であり、石膏ボードを張る為には何らかの下地が必要。

壁の構成を複雑にしているのはそのあたりで、分かりやすく分類した説明が難しいのもそのあたりにあります。

当サイトでは、まず表層の仕上げ材を貼る前までに、どんな用意をしておけばいいのか、という話から入っていきます。

特にタイルや石など、表層材を施工する際にも気を付けなければならない事は色々とあります。

でも、下地を組む際に考えなければならない事に比べれば、それほど難しくはない、というのが正直なところです。

建築の納まりは下地を組むまでが勝負、という意見もあって、私も概ねその意見に賛成です。

なので、まずは壁下地の種類や納まりの大まかなパターン、そして部位毎に気を付けるべき事などから書いていきます。


■下地=仕上げの場合もある

建築の納まりパターンは色々とありますが、個人的にややこしいと感じるのは、壁下地がそのまま仕上げになる場合があることです。

例えばRC壁の納まりを考えてみると……

一般的は部屋であれば、RC壁に石膏ボードを張って、そこに仕上げ材を施工するパターンが多いです。

でも、RC壁がそのまま見えてきて、しかもそれを仕上げとして綺麗に見せたいと考える場合もあるんです。

 

コンクリート化粧打ち放し仕上げ

 

イメージは上記画像のような感じで、いわゆる「コンクリート化粧打ち放し仕上げ」というヤツです。

この仕上げは結構設計が好きな仕上げで、有名な建築家が好んで使う仕上げであったりします。

確かに非常に見映えの良い仕上げですが、建物の用途を選ぶ仕上げだと私は思っています。

建物を使う側としてはあまり有り難くない仕上げで、施工をするのが大変という意見もあります。

 

■場所による仕上げ材の違い

ちょっと話の趣旨が逸れてしまいましたが……

下地だと思ったらそれが仕上げにもなる、というのが壁仕上げの難しいところではないか、という話でした。

機械室など、部屋の種類によっては、石膏ボードをそのままにしておく場合もあるので、そのあたりも考える必要があります。

建物には幾つかのゾーンがあって、そのゾーン毎に仕上げの方針は変わってくるものです。

・お客さんが出入りするゾーン

・スタッフが利用するゾーン

・機械などを配置するゾーン

それぞれのゾーンに適した壁仕上げ材を選ぶ、というのが設計の基本で、それによって納まりは色々と変わってくる訳です。

スタッフが出入りするような場所に、高級な仕上げ材である石やタイルなどを選定するのは勿体ないですよね。

逆に、常にお客さんが出入りするようなメインの場所で、壁がビニルクロスでは寂しすぎるという場合もあります。

適材適所で仕上げ材を採用して、その仕上げ材に適した下地を選ぶことが肝心だという事ですね。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ