壁下地の分類をやってみる


壁の納まりを分類する際に、壁の下地毎に分けていくのが良いんじゃないか、という話を今までしたきましたが……

前回は少し違う話に逸れてしまいました。

コンクリートというのは少し特殊な扱いで、壁下地にもなるし、やろうと思えば壁仕上げにもなるんです。

このあたりの話をどんどん進めていくと、結構長い話になってしまいそうな気がするので、まずは大まかな話を進めましょう。

コンクリート化粧打ち放し仕上げをする際に気を付けることなど、細かい話は個別に説明することにします。

まずは壁の下地として考えられるパターンの分類をしておき、それからそれぞれの項目に進んでいく。

これが先ですよね。

壁下地の分類は、実際には少し前の紹介した、大まかな壁の分類で済んでいるとは思いますが……

改めて確認する意味もあるので、今回は壁下地の種類を色々と挙げてみることにしましょう。


■壁下地の種類

今までさんざん話に出てきた下地もありますが、まずは壁の下地にはどんな種類があるのかを挙げてみます。

・コンクリート下地

・ALC下地

・LGS下地

・木下地

・その他独立した壁

最後の「その他独立した壁」というのは、パーティションやスライディングウォールなどを指しています。

これはLGSとかコンクリートなどを用意せずに、そのまま単独で成立する壁なので、ちょっと特殊な存在です。

それ以外の壁下地は、以前大まかな壁の区分で特徴を簡単に説明した通りの分類となっています。

 

■パターンは様々

それぞれの下地毎に特徴は様々なので、どんな部位で採用されるのかはその特徴によって違ってきます。

ただ、今まで何度か話に出てきたように、壁下地は色々あれどその上に石膏ボードを張る場合がほとんどです。

だから、それぞれの下地にどうやって石膏ボードを張るのか、という話が主になってくると思います。

だからと言って、石膏ボードを張るだけの単純な納まりなのかというと、まあそういう訳でもありません。

石膏ボードを張るまでに気を付けないといけないことなど、覚えるべき事は色々とあります。

なぜ石膏ボードを張る必要があるのか、そして、石膏ボードを張らないで納める場合があるのはなぜか。

その場合に気を付けるべき事はなにか……

石膏ボードを必ず張る必要がある下地もあって、それはなぜか、張らないとどう見えてしまうのか。

などなど、納まりのパターンとしては色々あるので、それぞれの項目で細かい説明をその都度していければと思っています。

下地の区分というカテゴリを作りましたが、もう書くことがなくなってしまったので、これで終わりにして次に進みます。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ