コンクリート下地の大まかな分類


このカテゴリでは、RC壁(コンクリート壁)下地の納まりについて色々と説明をしていこうと思います。

RC造の建物の場合には、当たり前の話ですが、コンクリートの壁が様々な部分に出てくる事になります。

それらの壁を仕上げる際に考えなければならないのが、このカテゴリで取り上げるコンクリート下地の納まりという事になります。

コンクリート下地の納まりパターンは色々とあります。

どんな分類になるのかや、なぜそうした納まりにするのかなど、目的も含めて書きたいことは色々です。

出来るだけ分かりやすく説明をしていこうと考えているので、興味のある方はぜひ読んでみて頂ければと思います。

まずはどうしようかな……

とりあえず、コンクリート壁の納まりにはどんなパターンが考えられるのかを大まかに分類してみることにしましょう。


■コンクリート下地の場合

コンクリート下地の壁を仕上げる際にまず考えるのは、コンクリートの上に石膏ボードを張るのかどうか、という点。

これによって仕上げ納まりの考え方は大きく変わります。

・コンクリートをそのまま見せる納まり

・石膏ボードを張ってその上に仕上げ材の納まり

・石膏ボード以外の仕上げ材を張る納まり

まず、コンクリートをそのまま見せる場合、その目的は大きく分けて2通りの考え方があります。

ひとつは意匠的にコンクリートの表面を化粧打ち放しで見せたい、という目的がある場合です。

これは以前も書いた気がしますが、コンクリートを綺麗に打設すると、非常に見映えの良い仕上がりになります。

施工は少し大変になりますが、それをきちんとコントロールして施工すれば、かなり意匠性の高い建物になります。

これがコンクリートがそのまま見える場合のひとつのパターンです。

 

■打ち放しは色々

その一方で、コンクリートをそのまま見せると言っても、積極的に見せる訳ではない場合もあります。

部屋と部屋の仕切としてのみコンクリート壁が必要で、その壁は特に仕上げをする必要性がない、という場合です。

これは機械室や電気室などで、スタッフすら滅多に入らないような場所で、そうした壁が出てきます。

メンテナンスをする人が時々その部屋に入る程度で、当然綺麗な壁などを期待しないような場所です。

その場合には、機能的にコンクリートの壁があればそれでOKなので、その上に仕上げ材を施工する必要がありません。

まあその場合には、壁の納まりとかいう話は全然関係ない、ということになってしまいますが……

同じ「コンクリートがそのまま見えてくる」という納まりでも、場所によっては全然考え方が違ってくる、という話でした。

コンクリート打ち放しを化粧で見せようとした場合には、かなり色々と考えなければならない事が多くなります。

そのあたりはこれから詳しく書いていくことにして、今回は似たような表現でも大きな違いがある、という話だけにしておきます。

次回はコンクリート下地に石膏ボードを張る場合の納まりについて、簡単に書いてみたいと思います。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ