型枠の割付がまずは必要


コンクリート化粧打放し仕上について、今までは色々と「何が難しいか」を挙げて来ました。

元々は骨組みとして考えられているコンクリートを、仕上としてそのまま見せるという化粧打放し仕上。

これは「コンクリートの上には何も貼らない」ということなので、逃げがきかないという問題からどうしても離れられません。

コンセントやスイッチなどの計画を出来るだけ早くして、施工にも気を配れば済む、という意見も確かにあります。

しかし現実を考えるとそれが難しいんですよね。

そうした色々な問題点をクリアすると、意匠的には優れた、見映えの良い壁が出来上がります。

頑張った甲斐があるかどうかは、人それぞれの感じ方があるとは思いますが、意匠性の高い仕上であることは間違いありません。

美術館とかでこうした仕上を見ると、やっぱり化粧打放しは良いよな、と思ったりします。

個人的な感想ですが、学校や病院などではあまりマッチしない気がするので、やはり建物の種類を選ぶ仕上ではないかと思います。


■化粧打放し風のクロスもある

ちなみに、きわめて一般的な壁仕上材であるビニルクロスには、部屋の用途に合わせて様々な柄が用意されています。

そうした柄のラインナップを見ていくと、「コンクリート化粧打放し風」の柄があったりします。

石膏ボードにこのビニルクロスという組み合わせを採用すれば、苦労せずに化粧打放し風の仕上が得られることになりますが……

こうした柄のクロスというのは大抵の場合、どうしても本物とはかけ離れてしまうことが多いんですよね。

出来上がった壁を見ると、確実に偽物である事がすぐに分かってしまい、余計に悲しくなるような気がします。

木目風の柄とかは意外に良い感じの柄になったりするんですけど、コンクリート風はなんとも今ひとつなんですよね。

「やらなきゃ良かった……」みたいな結果になるのは、やはり設計者としては避けたいところです。

さて、ちょっと前振りが長くなりすぎてしまいました。

今回からはコンクリート化粧打放し仕上をする際に、納まりで検討しておくべき要素を紹介していきます。

 

■まずは割付の検討が必要

コンクリート化粧打放し仕上の壁を施工するにあたっては、まず型枠とセパ穴の割付が必要になります。

場所によっては必要ない場合もありますが、最終的にどんな見え方になるのかを確認する為には、やはり割付が必要だと私は思っています。

型枠というのは決められた規格サイズがあって、その規格品を並べて型枠を立てていくのが基本になります。

だからどうしても型枠と型枠のジョイント部には、化粧打放し仕上面に線が入って見えてくるんです。

 

型枠のジョイントライン

 

上記画像の矢印が指している部分には、うっすらと線が入っているのが見えると思いますが、これが型枠のジョイント部分になります。

また、丸い穴が等間隔で入っているのがセパ穴と呼ばれる穴で、これも施工上どうしても無くすことが出来ないものです。

こうして線と穴が見えてくるので、どこにその線と穴を見せるのが良いかを検討する為に、事前に展開図で検討が必要になります。

上記画像で太めに見える線は、ひび割れ誘発目地で、目地の位置も含めた型枠割付計画をする必要があるんです。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ