コンクリート化粧打放しのまとめ


コンクリート化粧打放し仕上の納まりを考える際に、どうしても切り離して考えることが出来ない誘発目地の位置。

これは結構悩ましい部分じゃないかと思います。

型枠とセパ穴の割付、そして開口の位置などは、誘発目地の位置と無関係という訳にはいきません。

なので、誘発目地の位置や必要な開口のサイズ、型枠の大きさ・向きなどの情報を盛り込んで、現実的な割付をする必要がある訳です。

……まあこれは施工段階で検討するような話ではありますけど、前回はそのあたりを取り上げてみました。

ただ、誘発目地についてはもっと色々と書くべきことがあるので、このカテゴリとは別に取り上げようかと考えています。

誘発目地を検討する際には、壁の厚さに対してどの程度の目地サイズなのか、という「欠損率」が重要になります。

また、どの程度のピッチで入れるのか、構造体に対して欠損をしても良いのか、タイルの場合は目地とどんな関係なのか、などなど……

話題は豊富にあるので、ちょっとここで詳しく書き始めると、全然壁仕上の納まりについての話に進めません。

なので、別のカテゴリを改めて作成して、そのあたりの細かい話をしていければと思っています。

今回はコンクリート化粧打放し仕上について、検討すべき項目を簡単にまとめてみることにします。


■コンクリート化粧打放しの特徴

まずはコンクリート化粧打放し仕上の特徴について考えると、以下のようなポイントが挙げられます。

・高い意匠性

・施工が大変

もちろん仕上がりにもよるんですけど、コンクリートの材質がそのまま見えてくるこの仕上は非常に見映えが良いものです。

あとは施工が大変という要素もありますけど……これは実際のところ、施主にも設計にもデメリットにはならないんですよね。

ただ施工する側が大変なだけで。

なので、設計が考えるデザインのバリエーションには、化粧打放し仕上が結構な割合で登場することになると思います。

 

■検討すべき項目

施工が大変だというのは採用されない理由にはならないので、今後も一定の割合で化粧打放し仕上は登場するはずです。

その時に施工側が検討することが、以下のような項目になります。

・型枠のサイズ

・型枠を並べる向き

・セパ穴の位置

・開口との関係

・誘発目地との関係

・スイッチやコンセントなどの位置

これらの要素を全て含めて検討しないと、後で「せっかくコンクリート化粧打放しなのに……」ということになったりします。

失敗したら後戻りが出来ないという怖さもあるので、事前の計画が肝心な仕上だということをしっかりと覚えておきましょう。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ