コンクリートそのままの場合


前回は私の個人的な考えを書いてみると言いつつ、なんだか文句みたいな文章になってしまいました。

これは別に特定の建物や個人を批判している訳ではありません。

もし自分が施主として建物を立てる立場だったらどう感じるのか、どういう建物を望むのかを考えてみると……

やはりどうしてもコンクリート化粧打放しは選択肢には入らないだろうな、というだけの話でした。

当然これは個人の感想なので、コンクリート化粧打放し仕上が好きで、自宅にも採用したいと思っている方がいる事も理解しています。

それだけ魅力的な意匠な訳ですから、マイナス面だけを考えるのは無粋なことだという事も理解しています。

色いろある選択肢の中で、どんな仕上を選択するのか。

これは意匠設計者の腕の見せ所であって、そうした選択肢の中にはコンクリート化粧打放し仕上もある訳です。

設計者、あるいは施工者として、その納まりの特徴を掴んでおく必要があるのは間違いありません。

と言うことで、コンクリート化粧打放し仕上の話はもう止めておき、次の話に進んでいくことにします。

今回はコンクリート素地で、それを意匠的に考えない場合の納まりについて考えてみます。

書くことあるかな……


■採用する場所の違い

コンクリートの上に仕上材を貼らない場合は、コンクリート打放しという表現に間違いはありません。

ただ、コンクリートの表面を意匠的に見せるのか、それとも仕上げ材を貼る必要がないからそのままにしているのか。

この違いは非常に大きいです。

ちょっとコンクリート化粧打放し仕上と似ていて、説明する順番を間違えたような気もしますが。

何が違うのか、などをここで簡単に考えてみる事にしましょう。

まずは化粧打放し仕上との違いですが、採用される場所を挙げていくと、全く意図が違うことが分かります。

・コンクリート化粧打放し仕上:エントランス・メインの外壁など

・コンクリート打放し:機械室・地下ピットなど

要するにバックヤードで別に見せるような場所ではない場合で、なおかつコンクリートが機能上必要な場合の仕上げということです。

 

■型枠による違い

化粧打放し仕上と用途が違う訳ですから、同じ材料であってもその見た目は全然違ってきます。

なぜ同じコンクリートなのに見映えが変わるのかと言うと、コンクリートを流し込む型枠の種類が違うから。

化粧打放しの場合は、以前紹介したように「パネコート」と呼ばれる、表面をコーティングした綺麗な型枠を使います。

そして型枠の並べ方にも気を使います。

しかし普通の打放しの場合には、パネコートではなく標準の型枠用合板を使うので、出来上がりがそこまでツルツルになりません。

型枠の割付などもやらないので、施工しやすい事をメインに考えた型枠の位置になる訳です。

似たような表現ではありますが、施工の手間は全然違ってきて、当たり前ですが完成した時の見映えも違います。

納まりを検討するような部分ではないですが、この違いを知っておくことは大事なことだと思います。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ