コンクリート下地と縁を切る考え


コンクリートの壁という下地があるにも関わらず、石膏ボードを張る為の下地としてLGSを建てる場合があります。

前回は、こうして改めて下地を建てる場合のメリットがどこにあるのか、という話を考えてみました。

壁面にコンセントやスイッチを埋め込むとか、給水管や排水管があるとか、状況はその場によって色々あると思います。

しかし目的は「そうした器具を壁の中に隠蔽する為」で、コンクリート面から仕上面を離す意図はそこにあります。

また、これは地味な話かも知れませんが、工事の種類が統一されるというメリットも実はあります。

LGS下地に石膏ボードを張る人と、コンクリート下地にGL工法で石膏ボードを張る人は同じではありません。

そうなると、違う業種の人が丁度良いタイミングで現場に入って、という調整が多少は出てきます。

それは現場を進める監督さんの仕事ですけど、下地が全部LGSの場合は作業が少しだけシンプルになるんです。

まああまり大きな話ではありませんが。

今回は引き続き、コンクリート壁の隣にLGS下地を建てる場合について、納まりなども含めて考えてみることにします。


■コンクリートと縁を切る意味

前回も書きましたが、コンクリート壁の隣にLGS下地を建てることによって、コンクリートと縁を切る状態になります。

そうすると、コンクリートを壁下地として考えなくても良いことになるので、考え方が大きく変わります。

コンクリートとLGSの縁を切ることで何か良いことがあるの? という質問があるかもしれませんが、良いことはあるんです。

これはいずれ説明をしたいと思っている項目ですが、コンクリートには構造スリットと呼ばれるものがあります。

構造スリットというのは、構造的に柱と壁の縁を切るというもので、地震があった場合などで、壁の動きを柱に伝達しないという役割を持っています。

これは構造的に必要になる部分があって、そうした部分では、柱と壁の動きが変わってくることになります。

そうした下地にGL工法で石膏ボードを張っても、下地の動きが違うわけですから、石膏ボードにクラックが入りやすいんです。

構造スリットの考え方をシンプルに説明するのは難しいですが、図面で描くとこんな感じになります。

構造スリットのイメージ

 

■下地の動きが違うと……

構造スリットには、地震などで建物が揺れた際に、壁の動きを柱に伝えないようにする、という目的があります。

こうした考え方からすると当然の事と言えますが、地震時には柱と壁の動きが違ってくることになります。

石膏ボードを張る下地としてコンクリートがあるにも関わらず、下地の動きが違ってくる。

これは、壁仕上のことだけを考えるとあまり良いことではなくて、下地の違いはそのまま表層に現れてくることになります。

ちょっと回りくどい表現をしましたが、要するに、石膏ボードの表層にひび割れが入ってしまう、ということです。

こうした下地の動きによるクラックを避ける為には、石膏ボードに目地を入れる必要が出てきます。

目地の話は色々と奥が深く、別の項目で説明をしたいと思っているので、ここではあまり詳しくは書きませんが……

仕上にひび割れが見えないようにするには、そうした色々なことを考えて、必要であれば目地を入れることになる訳です。

しかしそれよりも確実なのが、完全に縁を切るという目的で、改めてLGS下地を建てるという考え方です。

ちょっと長くなったので次回に続きます。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ