コンクリート壁と縁を切るという概念


石膏ボードを張る為の下地として、コンクリート壁と柱の動きが違う。

これは、構造スリットという考え方がある場合に、どうしても避ける事が出来ない状況になります。

そのままGL工法で石膏ボードを張った場合には、後々で仕上にヒビが見えたりする状態になりやすい。

それを避ける為には、ちょっと意匠的には今ひとつだけども、石膏ボードに目地を入れる必要があります。

……というような話を前回はしました。

この「ボード目地」というのは一見地味ですが、施工段階できちんとした計画が必要な項目なんです。

建物が完成して半年くらいしたら、壁面に目立つひび割れが入っているとか、壁紙が微妙に切れそうになっているとか。

そうした状態はクレームの大きな要因になるので、極力避けるべく努力をしていく必要があるんです。

まあクレームが来るとか言う以前に、竣工後すぐに壁が汚い状態になるような建物を設計したくないですよね。

そうならない為の方法として、石膏ボードに目地を入れるやり方を紹介しましたが、今回はLGSを建てる場合にどうなるか。

これをサラッと考えてみることにしましょう。


■ボード目地のイメージ

コンクリートの壁と柱の動きが違うことによって、その下地に直接付いている石膏ボードにも異なる力がかかる。

これを解消する為に目地がある訳ですが、デザイン的にはあまり好ましいものではありません。

イメージはこんな感じですから。

ボード目地のイメージ

これはドアの上部に入れている目地なので、構造スリット部分に入れる目地とは違う考え方ですが、見え方は同じような感じです。

ドアの上部もひび割れが入りやすい箇所なので、場合によってはこうして目地を入れることもあるんです。

 

■LGSを建てるという考え方

こうしたデザイン的に歓迎出来ない目地をなくす為には、どうすれば良いのかというと、考え方は簡単です。

下地のコンクリートと石膏ボードの縁を切ること。

下地の動きが異なることで、その力が壁仕上に悪影響を与える訳ですから、下地の動きを同じにすれば良い。

ただそれだけの話で、平面図としてはこのような感じになります。

コンクリートと縁を切った状態

コンクリート壁と柱を下地にするのではなく、あくまでも石膏ボードの下地はLGSになる。

こうすることによって、構造スリット部分にボードに目地を入れないでも、後々問題になることはありません。

ただ、上図では結局、両サイドの壁面にLGS下地とGL工法が切り替わる部分が発生します。

そこで結局は目地が必要になってしまうので、せっかくGL工法からLGS下地に変更しても、あまり効果的じゃないかも知れません。

こんな中途半端なやり方ではなく、全部LGS下地にするなど、目地に関してはもう少し検討が必要です。

ただ、これ以上の詳しい話は、別のカテゴリで詳しくやっていくことにして、壁仕上の項目ではこのあたりにしておくことにします。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ