壁下地の分類をやってみる

壁の納まりを分類する際に、壁の下地毎に分けていくのが良いんじゃないか、という話を今までしたきましたが……

前回は少し違う話に逸れてしまいました。

コンクリートというのは少し特殊な扱いで、壁下地にもなるし、やろうと思えば壁仕上げにもなるんです。

このあたりの話をどんどん進めていくと、結構長い話になってしまいそうな気がするので、まずは大まかな話を進めましょう。

コンクリート化粧打ち放し仕上げをする際に気を付けることなど、細かい話は個別に説明することにします。

まずは壁の下地として考えられるパターンの分類をしておき、それからそれぞれの項目に進んでいく。

これが先ですよね。

壁下地の分類は、実際には少し前の紹介した、大まかな壁の分類で済んでいるとは思いますが……

改めて確認する意味もあるので、今回は壁下地の種類を色々と挙げてみることにしましょう。

続きを読んでみる »

壁下地=仕上げの場合もある

壁仕上げという表現をすると、まず頭に浮かぶのはビニルクロスやタイルなど、表面を仕上げる材料です。

しかしその表層材を貼るには石膏ボードなどが必要であり、石膏ボードを張る為には何らかの下地が必要。

壁の構成を複雑にしているのはそのあたりで、分かりやすく分類した説明が難しいのもそのあたりにあります。

当サイトでは、まず表層の仕上げ材を貼る前までに、どんな用意をしておけばいいのか、という話から入っていきます。

特にタイルや石など、表層材を施工する際にも気を付けなければならない事は色々とあります。

でも、下地を組む際に考えなければならない事に比べれば、それほど難しくはない、というのが正直なところです。

建築の納まりは下地を組むまでが勝負、という意見もあって、私も概ねその意見に賛成です。

なので、まずは壁下地の種類や納まりの大まかなパターン、そして部位毎に気を付けるべき事などから書いていきます。

続きを読んでみる »

表層材の下地と、その下地

壁の納まりを説明していくには、壁の下地毎に分類していくのが分かりやすいのではないか。

前回はそんな書き手側よりの話を、ちょっと自分の考え方を整理するという目的で書いてみました。

床仕上げの時にやったように、表層の仕上げ材ごとに分類すると、多分似たような説明が多くなってしまいます。

前回例に出したビニルクロスもそうですが、壁に塗装をする場合でも、下地はコンクリートか石膏ボードです。

そしてこれも前回と同じで、その石膏ボードの下地にはコンクリートやLGSや木下地などがある。

これを表層材ごとに説明していくと、表層がクロスとか塗装に変わっただけで他は同じという説明が増えてしまいそう。

と言うことで、当サイトでは下地毎の説明でひとまずは進めていくのが良いんじゃないかと考えています。

ただ、下地毎に分類すると言っても、建築の納まりには様々なシチュエーションがあって、その分類をどうするか……

ちょっとしつこい感じもしますけど、今回はそのあたりについてもう少しだけ考えてみたいと思います。

続きを読んでみる »

壁の下地によるカテゴリ区分

このカテゴリからは、壁仕上げの様々な納まりについて細かい説明をしていこうと思っています。

もちろん言葉だけの説明では分かりにくいので、断面図や写真などを添えて説明をしていくつもりです。

壁の納まりは床に比べると項目が多いので、どのくらいの量になるのか先が読めないですけど……

ひとつずつ地道に説明を進めていけば、そのうちに書くことがなくなるはずと思ってやっていきます。

あら?

好きで書いている訳だから、序盤から「大変ですが頑張ります」とか書くのはどうもおかしいですね。

自分の為に書いているのに。

当サイトには、自分の中にある知識を整理するという目的もあるので、出来るだけ楽しんで書いていこうと思います。

まずは壁の納まりについての説明を、どんな流れでやっていこうか、というあたりの話を考えてみたいと思います。

続きを読んでみる »

このページの先頭へ