床納まりのポイントと床下地

前回は代表的な床仕上げ材を簡単に紹介しました。

詳しい納まりについてはそれぞれの項目で解説をしますが、まずは何となくでも雰囲気を感じて頂ければと思います。

こうした仕上げ材にはそれぞれ特徴があって、部屋の用途やグレードなどによって何を採用するのかは変わります。

もちろんコストも考慮に入れて仕上げ材を選定する訳ですが、そうして仕上げ材を決めたら、後は納まりを検討する必要があります。

当然の事ですけど、床仕上げ材が変わったら下地の状況も変わる訳ですから、これは結構重要な部分なんです。

と言うことで、今回は床の納まりで気をつけておきたい部分やポイントについて書いてみたいと思います。


■納まりのポイント

床仕上げのイメージは前回紹介したような感じですが、納まりを検討する際には表面を見るだけではダメです。

まずはそれぞれの床仕上げ材について知ることが大事。

なんですけどその前に、床の納まりを検討する上で押さえておきたいポイントを箇条書きにしてみます。

・床下地はコンクリートである

・仕上材の厚みは材料によって様々

・床を貼った後で段差になるのはNG

・コンクリートは工程の序盤になる

・だから事前にきちんとした検討が必要

この箇条書きで何となく分かってしまうかも知れませんけど、一応それぞれの項目について簡単に解説をしてみましょう。

 

■床下地はコンクリート

床というのは、仕上材をどうするかなどの話以前に「上に載るものの荷重を受ける」という大前提があります。

もちろん仕上材も大事ですが、いくら綺麗に仕上がった床でも、重いモノを載せたら抜けてしまうようでは困ります。

建物として最低限求められる性能を満たす、という当たり前のことがまずは求められる訳です。

荷重に耐えることが出来て、コスト的に大きな不利もなく、なおかつ施工性の良い部材。

そのあたりを考慮されて、コンクリートが採用されます。

ちなみに、一定の規模以上の建物の場合には、建物の構造は大きく分類して3種類に分けられます。

・RC造(鉄筋コンクリート造)

・S造(鉄骨造)

・SRC造(鉄骨鉄筋コンクリート造)

それぞれの構造はそれぞれ良いところがあって、建物の特徴によってどの構造とするかを選ぶことになります。

規模の小さい建物、一軒家などは木造が多いですけど、それ以上の規模になると木造は厳しくなります。

木造の場合は床下地も木ですが、RC造・S造・SRC造のいずれかが採用された場合はコンクリートの床になります。

それくらい一般的な床の下地なんですね。

床の納まりを考える際には、下地のコンクリートをどうするか、というのがひとつのポイントになってきます。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ